泊から朝日に

奈良県では台風19号による人的被害は発生せず、住戸被害も床下浸水が3棟のみでした。避難指示や避難勧告も出ていません。ただし、雨量は意外に多く、10月12日の日降水量は県内13か所のアメダス観測地点のうち7か所で歴代10位以内でした。

3位 310.5mm 曽爾 370mm(2017/10/22)1976~
3位 172.0mm 針 220mm(1982/8/1)1976~
4位 163.0mm 大宇陀 235mm(1982/8/1)1976~
6位 194.0mm 吉野 270.0mm(2017/10/22)1976~
2位 149.0mm 五條 254.5mm(2017/10/22)2005~
9位 126.0mm 葛城 256.5mm(2017/10/22)1981~

天川(てんかわ)は296mmで5位でしたが、観測開始が2010年ですので除外しています。1位の記録が多い2017年10月22日は中心気圧950hPaで掛川に上陸した台風21号です。関西では次の4地点も歴代10位以内の降水量が記録されています。

9位 300.0mm 新宮 532.0mm(2017/10/22)1976~
6位 140.5mm 河内長野 263.5mm(2017/10/22)1976~
6位 163.0mm 信楽 235mm(1982/8/1)1976~
8位 119.0mm 東近江 217.5mm(2017/10/22)1976~

富山県では、正午過ぎから富山市などで停電が発生し、土砂崩れによる県道の通行止めも発生しています。新潟県境近くの朝日(旧称「泊」)では10月12日に観測史上1位の降水量を記録しました。

9位 107.5mm 猪谷 222.5mm(2018/7/5)1996~
1位 230.0mm 朝日 212mm(1985/7/8)1976~

富山県下新川郡朝日町は1954年に泊町など1町6村の合併で成立しています。町名は朝日岳に由来するそうです。アメダス観測点は1970年代の設置ですが、旧泊町にあったせいか「泊」の名称でした。

すでに消滅した観測地点ですので、特定したストビューを掲載しても問題はなかろうと思われます。朝日町のストビューは2014年9月撮影のものしかありません。消防署の屋上に風向風速計を確認することができます。

気温や雨量観測の露場は建物の裏に設けられていたようです。この消防署は2017年10月に現在地に移転しています。これに伴い、アメダス観測点は2キロ離れた箇所に新たに設置されました。

アメダス観測点・朝日
朝日町(Google Earthプロ)

もちろん、2014年のストビューで見当たるはずはありませんが、おそらくここだと思われる場所はあります。「朝日」での観測は2017年9月末に始まっていますが、風向風速以外は「泊」時代の観測値を継承しているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました