創立100周年の入学生

旧・相馬郡小高町(おだかまち)は、2006年に原町市、鹿島町と合併して南相馬市になりました。合併後は小高区、原町区、鹿島区の地域自治区が置かれたため、2つの旧・町役場は区役所になっています。

小高区市街地
小高区市街地(Google Earthプロ)

南北朝時代、小高城がその名のとおり小高い丘に築造され、跡地は小高神社になっています。南を流れる小高川は天然の堀という位置づけです。市街地は城の対岸に形成され、区役所から太平洋まで3キロほどです。

原発事故による避難指示が解除されたのは2016年7月です。原町高校内の仮設校舎に移転していた小高商業高校と原町区のサッカー場に仮設校舎を建てた小高工業高校は2017年4月に統合され、工業高の敷地に小高産業技術高校が開校しています。

2013年7月撮影のストビューです。小高商は創立100周年の翌年に移転を余儀なくされました。台風19号の犠牲となった20歳代の南相馬市職員は、小高商の卒業生であり、その入学年度は100周年の年だったようです。

勤務先は小高区役所近くの交流センターで8:30出勤とのことです。まだ小降りだった11:00には区役所に避難所が開設されます。避難所指定されていない交流センターでも、20~30人ほど受け入れていたそうです。

20:00に区役所の避難所は閉鎖され、産業技術高校に臨時の避難所が開設されています。上流で小高川が決壊したからなのでしょう。区役所も交流センターもハザードマップでは1m未満の浸水想定区域です。

避難住民を産業技術高に移送し、避難所開設を手伝った彼が帰宅の途についたのが日付が変わった13日0:30頃、冠水した道路で立ち往生した車から脱出したという電話があったのが0:40頃と報道されています。

立往生したと思われるのはピンクのマーカーで示した信号のある交差点付近です。ハザードマップでは2m未満の浸水想定域です。信号の先は登りですから、道路は川になっていたものと思われます。

隣り合う理容店(2)

青森県五所川原市役所と長崎県諫早市の喜々津駅の近くにも隣り合う理容店がありました。どちらも山形のような住宅地ではありませんが、この様子では隣同士の理容店は全国に100組近くあるのかもしれません。五所川原の衛星写真です。

五所川原市役所付近(Google Earthプロ)

上空からの画像で気になるのは、まるで手形のような形状の画像左下のコンクリ舗装部分です。私道と回転広場なのでしょう。2つの理髪店のストビューは2018年6月撮影のものです。ほぼ同サイズの店舗が見事に並んでいます。

竜飛崎の階段国道で有名な国道339号線の本線沿いです。国道の道路幅員は歩道込みで12mほどと思われます。両店舗の入口と入口の間の距離もその程度なのでしょう。「Since 1969」がおそらくは老舗筋の店舗と推測されます。

旧道とはいえ国道沿いで市の中心部ですから、共存にはあまり問題はないのでしょう。待ち時間の少ない店に流れることもありそうです。一方、諫早のお隣同士はJR長崎本線の喜々津駅から踏切を越えて徒歩3分です。

喜々津駅付近(Google Earthプロ)

長崎本線は喜々津駅から内陸に入る新線と大村湾沿いを走る非電化の旧線に分離して、長崎駅手前の浦上駅で再び合流します。新線の開業は比較的新しい1972年で、新線と旧線の運転本数の比率は約2:1です(平日は34本と16本)。

空撮では駅の北側の更地が気になります。工場跡地で2007年解体ということですが、最新2018年3月撮影の衛星写真でも更地のままです。

猿はいない猿島、鹿がいる友ヶ島

5月27日に最大瞬間風速1位を記録したのは和歌山県の友ヶ島でした。紀淡海峡に蓋をするかのように連なる友ヶ島は、地ノ島、虎島、沖ノ島、神島の総称です。4島で最大の島は定期船の船着き場がある沖ノ島です。

沖ノ島=友ヶ島という理解でも、あまり差し障りはないようです。定期船は5月27日と翌28日には全便欠航となっています。アメダスの観測点は沖ノ島西端の友ヶ島灯台付近にあります。対岸の西4km先には淡路島が構えています。

明治初期に築造された友ヶ島灯台は全国23基の保存灯台の1つです。灯台から観測露場まで100m足らずです。灯台と露場の間には東経135度の子午線が通過しています。「日本標準時子午線 日本最南端の地」の安っぽい標柱が建っています。

友ヶ島にはキャンプ場もあり、宿泊施設もあります。この宿泊施設は定期船第1便の到着より早い時間帯に朝食を提供しています。通年の居住者がいるわけではないにせよ、それで無人島と言えるのか疑問に思わなくもありません。

同じく砲台跡がラピュタ感を醸し出す横須賀沖の猿島では、キャンプは禁止されており、宿泊施設もありません。私の感覚では、猿島は白か黒かで言えば無人島の部類であり、友ヶ島は限りなく有人島に近い存在です。

猿島の沖合に(上陸できない)海堡があるように、砲台跡は当然ながら淡路島側にも残っていますが、紀伊半島側にも砲台跡があります。ラピュタの香りは船に乗らなくても味わえるわけです。

砲台の遺構は函館や対馬など各地に存在します。猿島と友ヶ島は東京湾と大阪湾への侵入を防ぐいわば最後の砦です。ただし、海岸砲台は空からの攻撃や潜水艦に対してはほぼ無力です。

キャンプだけでなくコスプレや花火やドローンが禁止されている猿島とは異なり、猿ヶ島では(今のところ)そのような制限はないようです。猿島にサルはいませんが、友ヶ島にはシカやリスやクジャクがいます。

管理されたラピュタが猿島で、シカの糞がキャンプ場のそこら中に転がっていても手を加えないのが友ヶ島です。そういう意味では、猿島のほうが有人島的であり、友ヶ島では無人島の雰囲気に浸ることが可能です。

無人島・有人島についても日本標準時子午線のように複数の考え方がありそうです。なお、虎島は沖ノ島の陸繋島ですが、沖ノ島西端から虎島西端まで3kmほどあります。海岸線延長1.6kmの猿島とはそもそも規模が違います。

友ヶ島の一般的な表記は「友島」ですが、気象庁Webサイトでは「友島」を用いていますので、あちらのページではそのまま「友ケ島」としています。

私立島根商の跡地は県営住宅

1900年に開校した「島根県商業学校」は翌1901年に「島根県立商業学校」に改称します。「島根県立松江商業学校」になるのは1933年です。松江商は創設期の「島根商」時代に夏1回、春は2回甲子園に出ています。

1924年開校の「松江簿記学校」は1946年に「松江高等経理学校」に改称し、1964年には「島根商業高等学校」になります。私立とはいえ、30年ぶりに「島根商」を名乗る学校が出現しました。

「松江高等経理学校」時代の所在地は松江駅前の朝日町です。専門学校から高校に組織変更したのを契機に郊外の大庭町に移転しています。私立の島根商高は、1976年には「松江西高等学校」に改称します。

一方の松江商は1985年10月に上乃木から今の浜乃木に移転します。この松江商の跡地に新校舎を建築して1987年に移転したのは松江西高です。旧(県立)島根商の学校用地を旧(私立)島根商が譲り受けたことになります。

さて、私立島根商時代の学校所在地である大庭町は町域がかなり広く、立正大淞南高も大庭町内にあります。1975年の地形図には一ノ谷池の南200mに丸囲みの文マークが記されていますので、これが私立島根商高と思われます。

今では県営住宅が建っています。1975年の地形図には運動公園も県立大もありません。ここなら、私はニアミスしたことがあります。運動公園内の松江市営球場には2007年に1回だけ訪れています。

旧・私立島根商業高校付近 Google Earthプロ

白光商業高校は「しらみつ」か?

千葉県八千代市を本拠とする白光舎は、直営と取次で約200店舗を抱えるクリーニング・チェーン店です。「白光」は「はっこう」と読みます。はんごだての著名メーカー「白光株式会社」もHAKKOです。

一方、宗教法人白光真宏会の「白光」は「びゃっこう」です。「世界人類が平和でありますように」関連のはずですが、私は白光商業高校もそっち系と思っていました。どうやらそういうわけではないようです。

この白光商について、Wikipedia「白光商業高等学校」のページには「1965年 – 学校法人白光学園の運営により開校。 1972年 – 休校」との記述があり、廃止時の所在地として「大和高田市根成柿」が記されています。

1970年の地形図では根成柿(ねなりがき)に高校を示す丸囲みの文マークを確認できます。今ではネオシティ大和高田というマンションが3棟建っています。1994年から1995年にかけての竣工です。次の画像は1985年11月撮影の航空写真です。

国土地理院(1985/11/03撮影)大和高田

白光商の敷地は画像中央を東西に走る道路の南側です。校庭は少年野球なり草野球なりのグラウンドとして整備?されています。芝も張ってあるようです。道路の対面は県営住宅の坊城団地です。

休校が1972年なのだとしても、校舎自体は今の集合住宅が建てられる直前まで残っていたようで、90年代初頭の空中写真でも上の画像とほぼ同じ姿を確認することができます。

所在地さえわかればワトソン君としての役割は終わりなのですが、実はちょっと気になることがあります。Wikipediaでは読みが「白光商業高等学校(しらみつしょうぎょうこうとうがっこう)」になっているのです。

「白玉あんみつ」を略したようなこの名称は、学校名としてはいかがなものだろうかと思うわけです。もちろん、白百合女子大や白梅学園大の事例は知っていますが、白光商は女子校ではありません。

京都・北野天満宮の最寄駅は、京福電気鉄道北野線の北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅です。白梅でさえ「しらうめ」ではなく「はくばい」と読むこともあります。一般名詞とは言えない「しらみつ」の読みは納得し難いところです。

日本私立学校振興・共済事業団の「学校法人情報検索システム」で「白光学園」を検索したところ、法人名は「はっこうがくえん」でした。今治にも同名の法人がありますが、やはり読みは「はっこう」で理事長が白石さんです。

ただ、「しらみつ」の読みが皆無なのかと言うと、そういうわけでもないのです。生駒山の麓の石切には白光大神(しらみつおおかみ)を祀る神社があります。白光とは白蛇のことのようです。2015年3月のストビューです。

生駒山山頂の龍光寺では2匹の白蛇様が飼育小屋?で公開されています。というわけで、法人名が「はっこう」であるとしても、学校名は間違いなく「しらみつ」であった可能性はまだ排除できません。