ストーンサークルのない大湯

「大湯」で有名なのは、秋田県鹿角市十和田の環状列石です。「大湯」または「大湯町」の地名は、全国で次の7か所のようです。ほかに「大湯沼」や「大湯棚」などもありますが、ここでは除外しました。

  • 青森県つがる市木造大湯町
  • 秋田県鹿角市十和田町大湯
  • 新潟県魚沼市大湯
  • 長野県上田市大湯
  • 愛知県田原市仁崎町大湯
  • 愛知県半田市大湯町
  • 愛媛県新居浜市大湯

アメダス観測点としての「大湯」にはストーンサークルはありませんし、厳密には上の7か所のどれでもありません。只見線の始発駅・小出駅から奥只見湖方面に向かえば湯之谷温泉郷です。

新潟県の湯之谷温泉郷には、薬師、葎沢、芋川、折立、大湯、栃尾又、駒の湯の各温泉が連なっています。

湯之谷温泉郷

このうち、駒の湯温泉、芋川(いもがわ)温泉、葎沢(むぐらざわ)温泉は一軒宿であり、葎沢温泉の宿は廃業しています。アメダス観測点としての「大湯」は、大湯温泉の隣の折立温泉にあります。住所的には魚沼市下折立です。

もっとも規模の大きい大湯温泉の名前が観測所名として採用され(てしまっ)たようです。雨量のみの観測地点ですが、雨量計は民間施設の屋上に設置されており、ストビューでも確認できます。

さて、2019年の大湯では1mm以上の年間降水日数が205日に及び、川谷の201日を上回っています。

 1ミリ10ミリ30ミリ50ミリ
1983年234日128日43日10日
1995年239日125日38日11日
2005年233日124日47日14日
2019年205日109日29日6日

上の数値は左から1mm以上の降水日数、10mm以上の降水日数、30mm以上の降水日数、50mm以上の降水日数です。2019年の大湯は10mm以上の雨日も川谷の104日より多くなっています。


【2020/02/07追記】

2019年の1ミリ以上の降水日数1位は大湯でした。10ミリ以上も109日で能生に次いで2位です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました