父を乗せて自転車で7日間1200キロ

このニュースには食いついてしまったのでした。

都市封鎖が続くインドで、一躍有名になった少女がいる。米トランプ大統領の長女であるイバンカ・トランプ大統領補佐官が22日にこんなツイートをした。「15歳のジョティ・クマリは、負傷した父親を自転車に乗せて7日間で1,200キロ移動し、故郷の村に帰った」
ジョティと父親は、北部グルガオンの街で途方に暮れていた。オートリキシャの運転手の父親が負傷。加えて封鎖が始まったため収入源がなくなった。オートリキシャは所有者に返却しなければならなかった。所持金で自転車を購入し、7日かけて東部のビハール州の村までたどり着いたという。

共同通信 アジア経済ニュース>都市封鎖が続くインドで…

オートリキシャとは三輪タクシーのことですが、7日間で1200キロなら1日当たり171キロです。時速17キロで漕ぎ続けたとして10時間です。私は中学2年のGWに6時間で90キロ走ったことがありますが、これだと時速15キロです。もちろん2人乗りではありませんでした。

7日で1200キロは、日の出から日の入りまで走り続ければなんとかなるかもというレベルです。素直には信じられません。読売の記事によれば、 「出発から8日間で自宅に到着」しただけでなく、途中でトラックに乗せてもらったことも何度かあったそうです。まあ、そんなところでしょう。

少女は父親のケガの様子を確認するためにグルガーオンに向かい、3月25日からの全土封鎖に巻き込まれてしまったようです。今では新型コロナ感染者が14万人台に達したインドですが、全土封鎖の時点ではまだ600人台でした。

共同の記事では少女の故郷は「ビハール州の村」ですが、読売では「ダルバンガ」とされています。ダルバンガはそれなりの都市です。実際はダルバンガ付近の村なのかもしれません。

さて、グーグルマップで父親が出稼ぎに出ていたグルガーオンから故郷のダルバンガまでルート検索してみました。1200キロではなく、検索結果は1002キロで徒歩203時間でした。しかも、そのコースは激しいアップダウンは少なく基本的に下りです。

グルガーオンからダルバンガ

グルガーオンから1200キロならバングラデシュ国境に近いカティハル付近まで行けます。もちろん最短コースで帰ったわけではないのでしょうが、1000キロを8日間なら1日当たり125キロですので、時速12.5キロで10時間です。

これで車に乗せてもらった区間があるなら、そこまで驚嘆すべきことではないのかもしれません。ただし、この地域の4月上旬は日中なら余裕で30℃に達しているはずですので「快挙」には違いありません。

1200キロは広島-盛岡間に匹敵します。グーグルマップのルート検索では1209キロで徒歩249時間です。広島から鶴岡市がちょうど1000キロで徒歩207時間です。グーグルマップが示したルートに従って広島から北上したとき、最初に出会うタテ型信号機はここだと思われます。

2012年8月撮影のストビューを埋め込みました。福井県道1号小浜綾部線の佐分利(さぶり)小学校前の押しボタン式信号です。見逃したかもしれませんが、この次の大飯中学校前交差点もタテ型信号機ですし、その次もタテ型です。

佐分利小学校は3月2日から休校、3月18日に卒業式、4月6日に入学式を行い、5月19日と22日が登校日で、6月1日から再開の予定ということです。

福井県の新型コロナ感染者数は122人、内訳は退院109名、死亡8名、重篤と重症が各1名、軽症~無症状が3名です。市町村別では、福井市77、越前市18、坂井市10、鯖江市7、大野市6、あわら市1、永平寺町1、南越前町1で、嶺南は若狭町の1人だけです。


【2020/05/28追記】

毎日の記事で詳細が判明しました。父親の事故は1月下旬、負傷箇所は足、少女は看病のために同居、母親が借金して送金していたものの全土封鎖で届かなくなり病院にも行けず、500ルピー(約710円)で中古自転車を購入、出発は5月8日、主に夜間移動、トラックの荷台に乗せてもらったのは1度だけ、ということです。5月なら最低気温が25℃前後です。

→毎日>けがした父乗せ、自転車で1200キロ インド・15歳少女、8日かけ故郷に


【2020/05/30追記】

デリー近郊のグルガオン(グーグルマップでは「グルガーオン」)については、2016年にグルグラム(Gurugram)に名称変更されていました。ボンベイ→ムンバイ、カルカッタ→コルカタの類なのでしょう。

朝日の記事では「首都ニューデリー郊外」とされています。なお、日数は「10日間」で、走破距離は「約1000キロ」、中古自転車は「1千ルピー(約1400円)を借金して」購入したそうです。また、「夜はガソリンスタンドで過ごした」との記述もあります。

10日で1000キロなら、1日100キロ、時速10キロで1日10時間です。かなりハードルが下がりました。父親を乗せての二人乗りならやはり時速10キロ程度が限界だと思われます。

→朝日>歩けぬ父を自転車に乗せ…インド少女、故郷まで1千キロ


【2020/05/31追記】

TBS系「新・情報7days」によれば、8日に出発して16日に着いたということです。出発日起算で9日間ということになります。また、ロープで車に引っ張ってもらったと報じられましたが、荷台に乗せてもらったとは言及されませんでした。夜間にロープで引っ張ってもらうのは、かなり危険なことのような気もします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました