深夜の大雨、湯前横谷など5地点が依然として通信障害?

7月4日(土曜日)の日降水量上位10地点は熊本がほぼ独占しましたが、気になることがあります。

所在観測地点降水量途絶復旧
熊本県湯前町湯前横谷386.5mm4日10:10~復旧せず
熊本県山江村山江379.5mm4日10:10~復旧せず
熊本県水俣市水俣367.5mm無事平常
熊本県天草市牛深363.0mm無事平常
熊本県芦北町田浦359.0mm4日11:10~5日11:50~
熊本県あさぎり町354.0mm4日10:10~5日16:10~
熊本県球磨村一勝地351.5mm4日9:40~復旧せず
熊本県五木村五木339.0mm4日10:10~復旧せず
高知県馬路村魚梁瀬337.0mm無事平常
熊本県多良木町多良木328.0mm4日10:10~復旧せず
▲7月4日の日降水量上位10地点

今年の日降水量1位は6月4日に鹿児島県十島村の中之島(トカラ列島)で観測された390mmです。湯前横谷(ゆのまえよこたに)の386.5mmはこれに次ぐものですが、実は午前10時を最後に通信が途絶えており、10時10分以降の観測値が反映されていません。

ただし、通信が途絶えていない人吉や水俣では11時以降の観測値は0ミリですので、湯前横谷で4ミリ以上降っていたかどうかは疑問です。田浦と上(うえ)は翌5日に回復していますが、湯前横谷、山江、一勝地、五木、多良木の5地点は6日24時の時点でまだ復旧していません。

◆2020/07/09追記 湯前横谷、山江、五木、多良木は7/7 13:40に復旧しましたが、一勝地は8日24時時点で復旧していません。

深夜の大雨だったことが被害を大きくしたものと思われます。日付が変わった未明の時間帯に60ミリとか70ミリの雨が降っています。大雨特別警報が出たのは午前4時50分ですが、外に出て避難できる状況にはなかったでしょうし、雨音で防災無線は聞こえないはずです。

日時田浦一勝地山江人吉湯前横谷
3日16時17.58.09.09.526.520.5
3日17時3.01.01.03.06.09.0
3日18時0.50.52.50.50.50.0
3日19時4.01.51.01.00.00.5
3日20時0.510.05.512.011.010.5
3日21時17.511.510.018.09.512.5
3日22時3.59.54.56.57.58.5
3日23時9.513.514.017.015.516.0
3日24時0.017.57.020.015.07.0
4日1時21.030.037.028.321.523.0
4日2時24.546.036.568.570.062.5
4日3時69.043.562.022.526.538.5
4日4時62.539.051.07.57.013.0
4日5時55.576.073.039.041.538.5
4日6時72.516.533.09.533.046.0
4日7時33.044.047.016.037.565.5
4日8時17.544.525.565.568.051.0
4日9時3.012.010.541.040.037.5
4日10時0.54.03.59.011.0
▲熊本南部6地点の時間降水量
熊本南部のアメダス観測地点

湯前横谷の観測ポイントは雨量のみですが、ストリートビューの行き止まり付近で道路から少し外れたところに設置された雨量計を確認することができます。宮崎との県境まで100mもありません。

湯前町は人口3500人ほどです。2000年3月に人口9000人の多良木町(たらぎまち)、人口2000人の水上村(みずかみむら)と合併に向けた任意の協議会が発足しましたが、法定協議会には進展しませんでした。

くま川鉄道
湯前付近(地理院タイル

球磨川の源流は水上村ですが、水上村の入口にある湯山温泉が湯前町の町名の由来ということのようです。赤のマーカーが温泉街です。青マーカーの横谷峠が標高665m、くま川鉄道の終点・湯前駅付近が標高190mです。人吉付近の球磨川は標高100mです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました