伊吹山観測所が1年早く開設されていたら積雪12mだった?

本州のくびれで積雪の世界記録

標高1377mの伊吹山は本州のくびれ、琵琶湖の東にあります。伊吹山山頂の観測所では1927年(昭和2年)2月14日に1182センチの積雪を観測しており、これは日本のみならず公的観測としての世界記録とされています。

伊吹山
伊吹山(地理院タイルを加工)

今の積雪計はレーザーや超音波を利用したものです。12m近い積雪を計測するには、積雪計の発光部を12m以上の高さに設置する必要があります。琵琶湖湖畔の彦根地方気象台にはレーザーの積雪計が設置されています。2019年4月撮影のストビューを埋め込みました。

防犯カメラのように下向きに取り付けられているのが積雪計です。1927年当時、このような積雪計が伊吹山山頂に高さ12m以上で設置されていたとはとても思えません。

実は、山下さんは82~83年、伊吹山測候所に勤務した経験がある。真冬も1週間交代で山頂付近の測候所に詰め、積雪を計測した。長さ数メートルの計測用の棒が埋まりそうになり、棒を継ぎ足して測ることもあったといい、「世界記録も、何本も継ぎ足したのではないでしょうか」と話す。

京都新聞>雪の深さ11メートル超の世界記録、実は滋賀県に「清水の舞台」匹敵の高さ、日本海の気流が影響(2021/02/15)

というわけで、「世界記録」はアナログの雪尺で視認により計測されたもののようです。最初から15mぐらいの国旗掲揚ポールを立てればよかったのかもしれません。

伊吹山の月最深積雪全記録

気象庁Webサイトの「伊吹山・月ごとの値」から、月最深積雪を拾ってみました。

1月2月3月4月5月10月11月12月
1921年7197
1922年767851
1923年991945902735350
1925年806803712336
1926年36126667
1927年112111821161942
1930年106
1932年58
1937年500
1940年740
1944年550
1945年850800700560
1947年56534061
1949年35510
1951年103
1953年810700555
1956年680
1957年5
1958年5
1961年4305204803551585
1962年60061055047216001030
1963年635176620405105340
1964年43400425330560
1965年45558054049627035138
1966年605625465335402082
1967年570522485390367
1968年46055048535892545
1969年48029540026405043
1970年550493570498180170530
1971年53564559047018004057
1972年155080301840
1973年3513531016540470
1974年485560480425801365
1975年775600570525170636
1976年500422280195137133
1977年56564558540583440
1978年3425704854121503027
1979年4040130150105
1980年4805604713606316470
1981年82066758545302075
1982年46548038415033325
1983年21246041023535360
1984年63068060056516011415
1985年57050544525056210
1986年6256056104400520
1987年46340580135060
1988年100520520325615100
1989年705010×××××
▲伊吹山の月最深積雪

1960年以前の観測値はスカスカの虫食いで、10センチあるいは5センチ単位で処理されているケースがほとんどです。10m以上の積雪が観測されたのは1927年だけですが、8m以上の積雪も何度か観測されています。1981年1月の豪雪時には測候所職員が登山できず、「籠城」が3週間に及んだため交替要員がヘリで運ばれたということもあったそうです。

最大風速も歴代5位

伊吹山の観測所はもともとは滋賀県の施設です。1929年に測候所となりましたが現在は更地です。

1919年01月 滋賀県立彦根測候所付属伊吹山観測所として開設
1929年05月 国に移管(中央気象台付属伊吹山測候所)
1959年08月 彦根地方気象台との合同運営に
1959年11月 庁舎新築
1989年06月 無人化
2001年03月 閉鎖
2010年10月 解体撤去

伊吹山で「世界記録」が樹立された1927年、20キロ以上離れた標高87mの彦根地方気象台では1月に80センチの最深積雪が観測されています。1918年1月は93センチです。もし、伊吹山の観測所があと1年早く開設されていたら、最深積雪の「世界記録」はもっと大きな数値だった可能性があります。

伊吹山では日最大風速も気象庁観測の歴代5位です。1961年台風18号(第二室戸台風)のときです。本州への再上陸地点は尼崎と西宮の間とされていますので、伊吹山は左半円に入ったことになります。

1富士山72.5m/s西南西1942/04/05
2室戸岬69.8m/s西南西1965/09/10
3宮古島60.8m/s北東1966/09/05
4雲仙岳60.0m/s東南東1942/08/27
5伊吹山56.7m/s南南東1961/09/16
▲最大風速5傑

最大風速とは10分間の平均値の最大値、最大瞬間風速は3秒間の平均値の最大値です。伊吹山で最大瞬間風速の観測が始まったのは1975年です。

伊吹山ドライブウェイ

夏なら伊吹山は比較的容易に登れる山です。1965年にドライブウェイが全線開通しており、9合目にスカイテラスと呼ばれる500台収容の駐車場があります。

スカイテラス

最短コースなら20分で山頂です。階段状に整備されていますので軽装のスニーカーでも登れます。20分なら金刀比羅宮より短いわけです。測候所は「伊吹山」の文字の北側にあったようです。

スカイテラス駐車場付近の標高は1240m台です。この標高で温泉旅館があれば夏はかなり魅力的です。なにしろ伊吹山では30℃台が1回も観測されていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました