10月前半の香港デモ

10月2日付の「その39」にはマッピングできる地名がありませんでした。同じ10月2日付では次のような注意喚起が掲載されています。ギアが1段加速したわけです。10月1日は警察による実弾の発砲があった日です。

香港警察から,香港各地での抗議活動の影響により,市民は安全な場所に留まり,外出を避け,最新の状況を入手するようプレスリリースがありました。

1002 香港における抗議活動に関する注意喚起(その40)(令和元年10月1日分)

10月4日付の「その41」では太古駅、コーンヒル、太古城中心、九龍をマッピングしました。九龍はやや漠然としていますが、デモが許可されないなら申請するのも手間なだけです。

1 本3日晩,太古城地区で,抗議者や市民が集結し,警察と対峙しています。MTR太古駅,コーンヒル,太古城中心等で抗議活動が行われている模様であり,22時過ぎに警察は催涙弾を発射しました。太古駅はもうすぐ閉鎖されるとの情報もあります。
2 また,九龍地区でも抗議活動が行われており,今後,その他の地域にも広がり,抗議者と警察当局との対峙・衝突が激しくなる可能性もあります。

1004 香港における抗議活動に関する注意喚起(その41)(令和元年10月3日分)

「その42」のショッピングセンターは個別の施設を特定できないため、荃湾、沙田、青衣、九龍、将軍澳をマッピングしました。九龍湾については九龍湾駅としています。もちろん発砲現場もMAPには反映させています。

なお、ショッピングセンターが使われるのは、公共施設である公道や公園と異なり、 施設管理者の要請がない限り容易に警察が踏み込めないという事情があるものと思われます。

(1)10月4日(金)
● 21時~ 実弾発砲された高校生を応援するための合唱(於 香港全区のショッピングセンター)
(2)10月5日(土)
● 13時~ ショッピングセンター内を歩き回る運動(於 荃湾,沙田,青衣,九龍,九龍湾,将軍澳のショッピングセンター)
● 19時~ 国際人道支援を求める集会(於 銅鑼湾・ビクトリアパーク)
(3)10月6日(日)
● 14時~ 警察暴力反対集会(於 銅鑼湾・ビクトリアパーク)
(4)10月7日(月)(重陽節)
● 19時~ 抗議活動関連「義士」の追悼集会(於 太子駅)
2 最近の抗議活動では,警察から不許可とされた場合でも,予定されていた時刻の前後に多数の市民が集まって抗議活動が行われ,その後に火炎瓶の投てきや放火,設備の破壊が行われるなど,過激化する例が見られます。また,警察署関連施設やMTR駅が攻撃対象となったり,モールでの集団合唱や親中派と見なされた商店・レストランの破壊などの行為がみられ,中には警察と抗議者の間や市民同士で衝突が発生した例も見られます。
3 特に,10月1日には,抗議者と警察の衝突の中で,警察が実弾を発砲し,負傷者が出る初の事案が発生しました。なお,警察は記者会見の中で,同日は4ヵ所で計6発の実弾を発砲した旨明らかにしています

1004 香港における抗議活動に関する注意喚起(その42)

10月8日付の「その43」では銅鑼湾と中環をマッピングしました。

1  本5日零時から,違法な集会等で身分識別を相当程度妨げるマスクを使用することを禁止する「マスク禁止規則」が施行されました。昨4日晩には,同規則制定に反発した抗議活動が複数で行われ,抗議者がMTR諸駅や商店を破壊等しました。その中で,実弾による負傷者が発生し,またMTR全線はじめ多くの公共交通機関が運行を停止しました。
2  本5日は,午後から抗議者が銅鑼湾に集結して西進してデモ行進し,中環で抗議活動が続いています。これまでの例を見ても,抗議活動は,香港島北部一帯のほか,九龍・新界の他地域に広がる可能性があります。
3  また,香港MTRは,エアポートエクスプレスの香港駅-空港駅間の直行を除いて運行停止が続いています。また,一部公共・商業施設が閉鎖されるほか,一部のスーパーマーケット,コンビニエンスストア等が営業時間を短縮し,早めに閉店しているところもあります。
4  本5日午前,香港警察はアラートメッセージを発出し,今後数日間は無許可の公衆活動が行われ,混乱を引き起こす可能性がある旨注意喚起しました。
明6日は「マスク禁止規則」に反対する大規模デモがネット上で呼びかけられており,また7日にも抗議活動が予定されているところ,呉々も注意が必要です。

1008 香港における抗議活動に関する注意喚起(その43)(令和元年10月5日分)

「その44」では銅鑼湾、中環、尖沙咀、油麻地、旺角、太子をマッピングしました。

1  本6日は,午後から抗議者が銅鑼湾に集結,西進してデモ行進し,15時現在,中環まで到達しています。また,尖沙咀,油麻地,旺角,太子等でも抗議活動が行われています。
これまでの例を見ても,抗議活動は,香港島北部一帯や九龍・新界の他地域に広がる可能性があります。
2  また,本6日15時頃,香港警察はアラートメッセージを発出し,無許可の公衆活動により恐らく暴力と混乱が生じるだろうとして,極力外出を控え,警察プレスリリース等の情報に留意するよう注意喚起しました。

1008 香港における抗議活動に関する注意喚起(その44)(令和元年10月6日分)

「その45」では尖沙咀警察署、荃湾、屯門、沙田、火炭、青衣、九龍、将軍澳、坑口、杏花邨、西環、中山記念公園、新城市広場、愛丁堡広場、ビクトリアパークをマッピングしました。九龍湾は九龍湾駅としました。

(1)10月10日(木)
● 17時~ 右目を負傷した女性を応援する集会(於 尖沙咀・尖沙咀警察署外のバス停)
● 18時~ ショッピングセンター内歌唱運動(於 荃湾,屯門,沙田,火炭,青衣,九龍,九龍湾,将軍澳,坑口,杏花邨)
● 19時~ 過去の賢人を敬う運動(於 西環・西環海浜~西営盤・中山記念公園)
● その他,台湾双十節に関する運動,抗議活動支持の商店での買物等が呼びかけられています。
(2)10月11日(金)
● 21時~ ショッピングセンター歌唱運動(於 香港全区のショッピングセンター)
(3)10月12日(土)
● 20時~ 覆面参加集会(於 沙田・新城市広場中庭)
(4)10月13日(日)
● 19時~ 香港への支援に関する世界感謝集会(於 中環・愛丁堡広場,銅鑼湾・ビクトリアパーク)
2 最近の抗議活動では,火炎瓶の投てきや放火,警察署関連施設やMTR駅,商店・レストランなどの破壊が行われる等,過激化する例が見られます。特に,先週末には,5日零時の「マスク禁止規則」施行に反発して,4~7日には連続して各地で抗議活動が複数行われ,4日には実弾による負傷者も再び発生しました。また,MTRの運行停止等,一部の公共施設,スーパーマーケット,商店,レストラン,コンビニエンスストア等の営業時間短縮や一時閉鎖など,日常生活にも影響が出ています。

1011 香港における抗議活動に関する注意喚起(その45)(令和元年10月10日分)

10月4日の発砲は元朗地区です。動画を埋め込んでおきます。デモ隊に襲われた私服警官?が発砲しており、10月1日の荃湾での発砲とは様相が異なります。

非番の警官だったとも言われていますが、非番の日に銃を携行するものでしょうか。また、なぜ彼の警官という身分がバレてしまったのでしょう。この動画の前に何らかのそれなりの言動があったと考えるのが自然です。

この動画から、発砲地点は大棠路(だいとうろ)駅の近くだと特定できます。7月21日に白服集団が市民を襲撃した元朗駅から700mほどの距離です。

大棠路の発砲現場
10月4日の発砲現場(Google Earthプロ)

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA