統一教会系・世一トラベルのツアーに東国原氏が…

世一旅行社

世一旅行社という韓国法人のFacebookを覗いてみました。最新投稿はちょうどコロナ出現時の2020年1月17日です。韓国発の航空券を取り扱っているようで所在地はソウルです。

同社Webサイトも見つかりました。1985年創業で「日本での学会、セミナーでの招請航空券の手配、日本在住のお客様への航空券の販売を行ってきました」ということです。在韓国の日本人向けサイトのようです。

「航空券購入の方にコナコーヒープレゼント」という特典もあるようです。「Hawaiian Queen Coffee」のスティックですが、何本入りなのかはわかりません。ドリップ式はディノスさんのオンラインショップで購入できます。250gで送料込5000円オーバーです。

ハワイアンクイーン農園は文鮮明・韓鶴子夫妻の五女夫婦が経営しているそうです。サイト上で統一教会(統一協会)との接点が窺えるのは、このコナコーヒーだけです。Facebook同様にWebサイトもコロナ以降は更新されていません。

Wikiには次のような記述があります。

・世一トラベル(以前は「世一観光」。「ハッピーワールド」の旅行事業部に吸収された。教団関連のツアーも扱う)
・世一旅行社(韓国にある旅行代理店。教団関連の航空券、ツアーも取り扱う)

Wikipedia>統一教会関連の企業と団体

日本国内では「世一観光」→「世一トラベル」→「ハッピーワールド」のようです。合同結婚式も、なんとかセミナーも、純世国際学院の研修旅行も、これらの旅行社が手配してきたものと思われます。

神宮前ハッピービル

「世一観光」あるいは「世一トラベル」で検索してみましたが、当たり前のことながら接続できないページが大半です。「たびのわ 世一観光」のFacebookが残っていました。最新の更新は2017年3月1日です。「UC会員向けWEBサイト」とのことです。

UC会員とは、UCカードのことではなく、世界基督教統一神霊協会(英語表記がHoly Spirit Association for the Unification of World Christianity、英語略称はUnification Church)だと思われます。所在地は「神宮前6-19-14」ですから、これは神宮前ハッピービルと同一です。

神宮前ハッピービル
神宮前ハッピービル(地理院タイルを加工)

神宮前ハッピービルは明治通りとキャットストリートの分岐から3軒目の10階建てビルです。明治通りにはちょうど歩道橋が設置されています。1階には腕時計屋さんが入居しているようですが、単なるテナントというだけでそれ以上の関係はないはずです。

ビル共用部の自販機は、明治通りに1台、キャットストリートに2台(時期によっては3台)設置されています。2021年4月撮影の360°写真です(明治通り側)。

コイン投入口の下に貼ってある設置業者のシールに注目すると、成約ビルの自販機と同じ業者のように見えます。ちなみに、投稿主の就労移行支援事業所ワークフォー渋谷さんは3Fのテナントです。

宮崎県知事と行く!!

話を戻します。世一観光のYouTubeチャンネルはアカウントだけで、動画はすべて削除されています。ただし、「たびのわ」のアカウントで10本ほどの動画が残っていました。

「新世界デパートショッピング編」というタイトルの動画がありました。大阪・通天閣付近の新世界かと思ったら、ソウルの新世界百貨店でした。真のお母様こと韓鶴子氏は新世界百貨店でよく買い物をするそうです。

「会社案内」という動画です。3:36から始まるように埋め込みましたので、すぐに一時停止しないと冬ソナに展開してしまいます。

掲げられた横断幕「宮崎県知事と行く!!ソウルチャーター」の中央にいる特徴的な顔は東国原英夫氏のようです。東国原氏は2007年1月から1期4年間、宮崎県知事を務めました。この動画は11年前に公開されています。

会社案内の動画ですから、他社ツアーの写真を乗せるはずがありません。増便就航のお礼で参加したのか、筆頭セールスマンの自負なのか、ソウルは日帰りも可能です。いずれにせよ東国原氏は統一教会系旅行会社の広告塔を見事に勤め上げたことになりそうです。

誰も信じるはずはありませんが、高市氏や岡田幹事長は世界日報を統一教会系だと知らなかったそうです。東国原氏が世一トラベルを統一教会(統一協会)の関連団体だと知らなくても不思議ではありません。こちらのほうが難易度ランクは高いのです。

全国霊感商法対策弁護士連絡会の「統一教会関連団体リスト」には「世一観光」でリストアップされています。ただ、知事在任当時もそうだったか確認できません(載っていたはずですけど…)。

この動画は9月15日時点で再生回数1,117回です。私は第一発見者ではありませんが、東国原氏にはこんなふうに接近してきて結果的に利用されてしまうのだと語ってほしい気がします。もし関係団体であることを知っていたのだとしたら、そこは演技力でカバーしてほしいものです。

2022/09/17追記

私はまったく知らずにこのページを公開しましたが、銃撃事件から1週間後に東国原氏と教団との関係が取り沙汰されていたようです。7/15にご自身のTwitterで、信者でもなければ信者だったこともないと否定されているのを拝見しました。

このような経緯があるなら、「演技力で乗り切れ」は不適切です。もし世一トラベルなり世一観光なりが教団関連企業であることを東国原氏が知っていたのだとしたら、それはそれで語って頂くしかありません。

上記ツアーは2008年のようです。おそらく宮崎-ソウル間の直行便増便が契機になっているのではないかと思われます。知事の立場としては不注意だったかもしれませんが、一般的には「世一トラベル」や「世一観光」の名前を聞いて教団関連企業だと気づく人はそう多くはないはずです。

前記Twitterの反応を見る限り、ご本人は今でも当該ツアーに参加したことに気づいておらず、一切身に覚えがないという感覚なのでしょう。増便してくれた航空会社への返礼の意味で参加したのではないかと思われます。私も(その時代なら)すぐには気づかなかっただろうという自信があります。

宮崎-ソウル間は距離的には宮崎-東京間よりも短いものの、国際線だけにパスポート情報も教団系の旅行会社に渡ってしまいます。考えすぎかもしれませんが、当該ツアーに参加した誰かが、後で教団からしつこく勧誘を受け、それを根に持っていて7月に噂を流したかもしれないわけです。

火のないところに何の理由もなく煙が立ったわけではなさそうです。「自己点検」が必要なのは自民党国会議員だけではなく、すべての日本国民なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました