日本最東端の信号機は小学校とともに西に移動

最東端の信号機

北海道8自治体の信号機について、Google Mapとストリートビューでその縦横比率を調査中です(→「信号機の縦横MAP」)。根室の縦型信号機の比率は60%台ですので、北海道内ではかなり低めです。

日本最東端の信号機

日本最東端の信号機は、納沙布岬から2キロほどです。2013年3月に廃校となった根室市立珸瑤瑁(ごようまい)小学校前に押しボタン式の信号があります。 2014年6月撮影のストビューを埋め込みました

この小学校は日本最東端の学校でしたが、共和小・華岬(かこう)小・温根元(おんねもと)小と統合され、歯舞中学校の敷地に建てられた新校舎に移転しています。問題の信号機は国際標準?の縦型です。

このページを作成した2020年2月時点では2014年6月撮影のストビューしかありませんでしたが、2020年9月時点では2019年7月撮影のストビューが追加されています。信号機は撤去され横断歩道も消滅しています。目下のところ、ストビューで確認できる最東端の信号機は歯舞診療所前の丁字路です。道道989号線のこの丁字路を曲がると歯舞小中学校です。学校とともに最東端が移動しています。

アメダス根室は旧測候所

2010年まで有人の測候所だった根室特別地域気象観測所(赤のマーカー)は市街地にあります。現在地に移転したのは1886年(明治19年)で、1879年の開設当初は開拓使根室支庁民事局所管の根室観象台(ピンク)という名称だったようです。1882年に根室県勧業課に移管され根室測候所に改称されています。

根室観象台と弁天島
根室観象台と弁天島(地理院タイル

観象台の跡地はアパートになっており、木製の碑が建てられていますが、とくに説明らしきものは付されていません。2015年までのストビューでは確認することができます。根室市Webサイトによれば現在では撤去されているようです。

今の観測地点は根室湾から1キロですが、標高は25メートルあります。1880年代から10年単位の平均気温をグラフ化しました。

根室の平均気温の推移

なお、1917年1月の最高・最低気温が欠測とされています。10年平均ですのでほぼ影響はあいりませんが、実際には1910年代の数値が若干低くなるはずです。

気象観測所から坂を下って根室港に出ると、沖合200メートルに弁天島が見えます。もちろん無人島ですが、貝塚や竪穴式住居跡が見つかっている島です。今のところ、弁天島MAPをつくる気はありません。島だけでは終わらないのが見えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました