当台に御用のない方の駐車はご遠慮ください

山形地方気象台

山形地方気象台は1889年7月の観測開始です。開設初期の頃は市街地を転々と移転しましたが、1910年6月に現在地に移転しています。山形駅から徒歩で30分ほどです。

山形地方気象台
山形地方気象台(地理院タイルを加工)

2015年8月撮影のストビューを埋め込みました

「当台」という見慣れない文言が気になります。気象台は合同庁舎に入っていることも多いのですが、単独の場合もあります。違和感がないわけではありませんので、ほかの気象台をストビューで調べてみました。役所ですから同じような看板は必ず見つかるはずです。

●秋田地方気象台(+労基署)
 当庁舎にご用のない方の駐車を禁止します。
●福島地方気象台(単独)
 当台に御用のない方の駐車はご遠慮下さい。
●熊谷地方気象台(単独)
 当台に御用のない方は構内立ち入りを禁止します。
●富山地方気象台(単独)
 気象台に御用のない方の通行はご遠慮願います。
●松山地方気象台(単独)
 構内無断駐車をお断りします。

富山は「当台」を使っていません。気象台宛のビジネス文書では、必ずしも「貴台におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」などと書かなくてもいいのかもしれません。まあ、気象台の職員宛なら「貴台」が使えるわけですが…(「貴殿」と同じような意味)。

山形の場合、合同庁舎ではなく気象台単独の建物であることから「当台」を受け入れるしかなさそうです。天文台なら人里離れた高台の立地が歓迎されるのでしょうが、気象観測はそればかりでは困ります。人が住んでいるところの気象がもっとも肝心ですので、悩ましいところです。

風速計の高さは地上14.9mです。庁舎は2階建てで3階相当の塔屋の上に風向風速計が設置されています。庁舎の周辺は寺町に隣接した住宅地寄りの文教地区です。周囲にそれほど高い建物はありません。標高は153mです。山形駅前が130m台、県庁付近が140m台ですので、盆地の底の庁舎ではありません。

70年以上守り続けた国内最高気温

山形の平均気温を10年単位で集約してみました。1910年代の10.8℃から2010年代は12.3℃に上昇しています。

山形の平均気温の推移

今ではすっかり色褪せてしまいましたが、山形では1933年7月25日に最高気温40.8℃を観測しています。2007年8月16日の熊谷と多治見に抜かれるまで、2万7050日に渡って国内最高気温の座を守っていたのです。アンタッチャブル・レコードでした。

山形の気温が38℃台に達したのは過去6回しかありません。2位は2018年の39.0℃です。今後に関してはあまり期待?できないことになります。38℃以上の日の風向きを調べてみました。

1933/07/2540.8 ℃
1962/08/0338.8 ℃南西(15時)
1978/08/0238.4 ℃南南西(15時)
1994/08/1238.2 ℃南西(15時)
1994/08/1338.9 ℃北東(15時)
2018/08/2339.0 ℃南南西(13:40)
▲山形の38℃台

南西は国道348号線、南南西は国道13号線です。国道が風の通り道になったときに気温が上がるものと思われます。

2020年の観測値

山形地方気象台の2020年の観測値は次のとおりです。順位はすべて降順です。緯度のわりに年平均気温は高く、最低気温もそれほど低くありませんし、年較差も意外に普通です。

年降水量1284.5ミリ989位/1293地点
年平均気温13.0℃525位/922地点
年最高気温37.0℃261位/922地点
年最低気温-6.4℃475位/922地点
年較差43.4℃406位/922地点
年平均風速1.8m/s580位/921地点
年日照時間1547.1時間627位/841地点
▲山形の2020年観測値

山形では1891年(明治24年)1月29日に-20℃の最低気温が記録されていますが、1942年2月12日の-16.8℃を最後に-15℃を下回ったことはありません。最後のマイナス2桁は1996年2月2日の-10℃です。

過去3年間の月別降水量をグラフ化してみました。2020年7月は月間降水量としては観測史上1位の483.5ミリで、2020年の梅雨明けは8月に入ってからでした。

山形の月別降水量
▲山形の月別降水量

2019年10月の300ミリ台は、阿武隈川や千曲川の堤防が決壊した台風19号によるものです。山形県では人的被害については重軽傷3名にとどまりましたが、季節外れの大雨に見舞われたことには違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました