当台に御用のない方の駐車はご遠慮ください

山形地方気象台は1889年7月の観測開始です。山形駅から徒歩30分ほどです。

山形地方気象台
山形地方気象台(地理院タイル

山形では1891年(明治24年)1月29日に-20℃の最低気温が記録されています。1942年2月12日の-16.8℃を最後に-15℃を下回ったことはありません。最後のマイナス2桁は1996年2月2日の-10℃です。

2017年7月撮影のストビューです

「当台」という見慣れない文言が気になります。気象台は合同庁舎に入っていることも多いのですが、単独の場合もあります。違和感がないわけではありませんので、ほかの気象台をストビューで調べてみました。役所ですから同じような看板は必ず見つかるはずです。

●秋田地方気象台(+労基署)
 当庁舎にご用のない方の駐車を禁止します。
●福島地方気象台(単独)
 当台に御用のない方の駐車はご遠慮下さい。
●熊谷地方気象台(単独)
 当台に御用のない方は構内立ち入りを禁止します。
●富山地方気象台(単独)
 気象台に御用のない方の通行はご遠慮願います。
●松山地方気象台(単独)
 構内無断駐車をお断りします。

富山は「当台」を使っていません。気象台宛のビジネス文書では、必ずしも「貴台におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」と書かなくてもいいのかもしれません。まあ、気象台の職員宛なら「貴台」が使えるわけですが…。

山形の場合、合同庁舎ではなく気象台単独の建物であることから「当台」を受け入れるしかなさそうです。天文台なら人里離れた高台の立地が歓迎されるのでしょうが、気象観測はそればかりでは困ります。悩ましいところです。

山形の平均気温

山形の平均気温を10年単位で集約してみました。1910年代の10.8℃から2010年代は12.3℃に上昇しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました