天七は「てんなな」なのか、「てんしち」なのか

飲食店の屋号は「てんしち」が多数派

東京の環状7号線の通称名標識は「Kannana-dori」で、環状8号線は「Kanpachi-dori」です。案内標識ですからオフィシャルなものと理解してよさそうです。これと同じように「天七」は「てんなな」、「天八」を「てんぱち」と読んで(呼んで)いいのか、というのが発端の疑問でした。

「天七」でWeb検索すると、複数の飲食店がヒットします。生中が900円で白州のソーダ割が1800円の関内にある天ぷら店は、店の看板に「TENSHICHI」とありますので「てんしち」です。北千住駅西口の立ち呑み串揚げ店は中生で550円ですが、国税庁の法人検索サイトで「てんしち」のフリガナが確認できます。

天ぷら定食も串カツも食べられるのが、ふじみ野市上福岡2丁目のお食事処です。Google Mapに「天七(てんしち)」と表示されています。京橋2丁目にあった江戸前天ぷら店も「てんしち」だったものと思われます。長野県飯島町の「そば処天七」はホットペーパーグルメでは「てんなな」、個人ブログでは「テンシチ」のフリガナが付されています。

川崎市の武蔵中原には「天しち」という屋号の天ぷら店があります。「天なな」でも検索してみましたが、この名称の店舗はヒットしません。屋号としては「てんしち」が多数派です。

天使来た

天神橋7丁目は「てんじんばし ななちょうめ」です。「しちちょうめ」とは言いません。これを略した「天七」が「てんしち」になるものでしょうか。「天四」はおそらく誰もが「てんよん」と読み、「てんし」とは読まないはずですが、天神橋筋4丁目北商店街振興組合は仕掛けています。

埋め込んだのは2016年8月撮影のストビューです。「天神橋4丁目北商店街振興組合」の法人名称を「天4北」と略すことで「天使来た」にかけているわけです。実際には当事者も「天四」を「てんよん」と言っているはずです。

したがって、天七商店会や天神橋七丁目商店街振興組合が「てんち」をアピールしているとしても、それは気を引くための商店街の戦略であって、天神橋7丁目の意味で使われる「天七」はこれに縛られる必要はないことになります。

すでに閉店している「天七食堂」さんは、食べログでもホットペーパーグルメでも「てんなな」のフリガナです。Rettyでは「ダイワ食堂天七店」に「てんなな」のフリガナがついています。無理に「てんしち」と読むことはないというのが私の理解です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました