天神橋筋商店街をめぐるいくつかの謎

天神橋と天満橋と京橋

「天神橋」は大川と土佐堀川を中之島ごと渡る橋梁の名称です。中之島に架かる最東端の橋となります。架橋されたのは江戸時代の元禄年間で、当初は大阪天満宮が管理していたため天神橋と呼ばれるようになったそうです。

天神橋の南詰には天神橋交差点があり、交差点から北の道路が天神橋筋、南は松屋町筋(まっちゃまちすじ)です。「天神橋」は住居表示の町域名に転用されており、北区「天神橋」は大川沿いの天神橋1丁目から大阪天満宮を含み淀川手前の天神橋8丁目まで南北3キロの細長い形状です(ピンクの囲み)。

天神橋と天満橋と京橋
天神橋と天満橋と京橋(地理院タイルを加工)

1925年、天神橋の橋梁(ピンクのマーカー)から2キロほどの天神橋6丁目交差点に「天神橋」駅が開業しました(紫のマーカー)。当時、市電と阪神の路面電車は「天神橋筋六丁目」の停留所名でしたが、新京阪鉄道は日本で2番目のターミナル駅を天神橋駅と名付けています。1969年の地下鉄堺筋線開業に合わせて、阪急は「天神橋筋六丁目」駅に改称しました。その後、1978年に町域名から「筋」が消滅しています。

天神橋の約500m東には天満橋(てんまばし)があります。天満橋の架橋年代は定かではないとのことですが、天神橋より古い秀吉の時代のようです。天満橋もその南詰が天満橋交差点です。天満橋交差点の北が天満橋筋、南は谷町筋になります。町域名としての北区「天満橋」は、橋梁としての天満橋(青のマーカー)とは離れた帝国ホテル付近です(青の囲み)。

上の地図のほぼ中央に天満駅が表示されていますが、天満駅と大阪天満宮駅と天満橋駅はそれぞれ異なる場所に所在しており、天満駅から天満橋駅までタクシーの初乗りでは行けません。阪神とJRの尼崎駅ほどではないにせよ、洗足駅と洗足池駅のレベルではありません。

天満橋から400mほど東には京橋があります。京橋は大川に合流する前の寝屋川に架かる橋です。東海道五十七次は当初この京橋が終点でした。今では「京橋」の町域名はありませんが、天満橋南詰の付近は1989年まで大阪市東区京橋でした。

「日本一長い商店街」は「2.6キロ」なのか

町域名としての天神橋1~8丁目は大阪市北区を貫くように南北3キロに渡ります(ピンクの囲み)。このため、橋梁としての天神橋から3キロ離れた天神橋8丁目に「◯◯天神橋」の名称をつけているマンションも実在します。デベロッパーを責めることはできません。調布市入間町にあるのに成城店を名乗っているケースとは明らかに異なります。

「天神橋筋」と呼ばれている道路は2つあります。中央分離帯付き片側2車線(橋梁としての天神橋付近では南行き一方通行の5車線)の幹線道路と、その1本筋違いの幅員6mほどの商店街です。前者は市電の天神橋西筋線建設などで拡幅された新道であり、旧道の後者が本来の天神橋筋です。

「日本一長い」とされる大阪市北区の天神橋筋商店街は、その延長距離が「2.6キロ」とされることが一般的です。天神橋筋四番街商店街振興組合のWebサイトには次のような記載があります。

昔から天神橋筋商店街は「十丁目筋=じゅっちょうめすじ」と呼ばれ、親しまれてきました。
全長2.6キロに及ぶ商店街の中でも四番街は、そのど真ん中。
環状線天満駅と地下鉄扇町駅から一番近い、まさに天神橋筋商店街の中心に位置します。
他の商店街組合は「〇丁目」と表記するのに、四番街だけはちょっと違いますね。
組合法人になるとき、先人たちはネーミングに苦労したようですけれど、天満に似合っているでしょうか?

天神橋筋四番街商店街>天神橋筋四番街とは

また、天神橋筋五丁目商店街振興組合のWebサイトにも「2.6キロ」が登場します。商店街側の公式サイトで確認できたのはこの2件のみです。

天五は日本一長い商店街である天神橋筋商店街(約2.6km、店舗数約600店)の北側、阪急・地下鉄「天神橋筋六丁目」駅とJR環状線「天満」駅の中間に位置しています。

天神橋筋五丁目商店街>Ten5について…! 教えちゃいます♪

黄色の丸囲みが大阪天満宮、赤が天神橋、紫のラインが旧道(おおむね商店街)、緑が新道の天神橋筋です。オレンジの▲は戦前に廃止された大阪青物市場跡、水色の▲はUR都市機構が再開発した複合施設 の大阪天満卸売市場「ぷららてんま」です。

天神橋筋商店街
天神橋筋(地理院タイルを加工)

アーケード区間は青のマーカーの間で直線距離は1.98キロ、カラー舗装区間は赤のマーカーの間で2.16キロ、7時から22時までの歩行者専用道路区間は紫のマーカーまで2.37キロ、紫のラインは2.66キロになります。

2018年末までNPO法人の企画による「天神橋筋ぶらり歩き」が行われていました。スタンプラリー的なものですが、緑の■印はその際のスタート・ゴール地点と必ず通らなければならない中間地点となる店舗です。

大阪市観光局は天神橋起点説

大阪市観光局の公式サイトは天神橋を起点として7丁目まで「2.6キロ」と説明しています。上の航空写真の赤丸で囲んだ天神橋中央の中之島から紫のマーカーまでなら、たしかにその距離は2.6キロになります。

天神橋を起点として、北は天神橋筋七丁目まで伸びる、全長約2.6キロの商店街。長さは日本一といわれ、歩くのには約40分かかる。入口上部には、お迎え人形が飾られており、アーケードへ一歩踏み入れると、昔ながらの大衆食堂、惣菜屋、代々刀鍛冶の刃物屋、明治元年創業のお茶屋、豆腐、コロッケ、陶器に着物……と、およそ800店舗が連なっている。江戸時代、二丁目にある学問の神様・菅原道真を祀る「大阪天満宮」の門前町として栄えたのが始まりで、明治時代に入ってからは、現在のような商店街として発展。

OSAKA INFO>天神橋筋商店街

ただ、天神橋起点説はかなり苦しいのです。橋から赤マーカーまでの230~240mほどは商店街ではありません。途中に橋が含まれるだけなら大目に見ることはできるでしょうが、出発点をずらして商店が並びようもない橋を加えるのは明らかに反則です。半分だけ足すのも不自然です。

「2.6キロ」とは、商店街が始まる1丁目途中の赤マーカーから8丁目まで紫のラインを測って誰かが言い出したものだと思われます。ただ、8丁目には天神橋八丁目商店会の街灯はあるものの商店街の体はなしていません。

定着してしまった「2.6キロ」を守るためには、8丁目を足すか、橋を足すか、苦渋の選択を迫られることになります。「2.6キロ」はそれほどまでに大切なもののようです。

天神橋1~8丁目の商店街とこれに接続する商店街

任意天神橋八丁目商店会
任意天神橋七丁目北商店会 →街灯撤去
任意天神橋七丁目中商店会
任意天七商店会
組合天神橋七丁目商店街振興組合 →登記抹消
任意大淀天六商店会
組合A天神橋筋六丁目商店街振興組合
任意天神橋筋東通り
任意天六東通商店会
組合A天神橋筋五丁目商店街振興組合
任意浪花町商店街振興組合(天五中崎通り商店街)
任意天五中央商店会
任意池田町中央通り
任意池田町本通り
組合A天神橋筋4丁目北商店街振興組合
組合A天神橋四番街商店街振興組合
任意天満南街商店会
組合B天神橋筋三丁目商店街振興組合
組合B天神橋筋二丁目商店街事業協同組合
組合B天神橋筋一丁目商店街振興組合
▲天神橋と近接の商店街

Aの4法人で天神橋筋商店会、Bの3法人が天神橋筋商店連合会です。任意団体に関してはその性質上、実体が掴みにくく重複があるのかもしれません。

天神橋筋付近の歴史

  • 949年(天暦3年)頃 大阪天満宮が建立
  • 951年(天暦5年)頃 天神祭が始まる
  • 1594年(文禄3年)天神橋が架橋
  • 1653年(承応2年)青物市場が京橋から天満に移転
  • 1832年(天保3年)天神祭で天神橋からだんじりが転落して溺死者10数名
  • 1837年(天保8年)大塩平八郎の乱で天神橋の一部が撤去
  • 1868年(慶応4年)大阪港開港
  • 1871年(明治4年)大阪造幣局が操業
  • 1872年(明治5年)天満10丁目、摂津国町、夫婦町、池田町などが天神橋筋1~4丁目に
  • 1889年(明治22年)大阪市が市制施行
  • 1895年(明治28年)大阪鉄道・天満駅が開業
  • 1900年(明治33年)北区西成川崎の一部が天神橋筋5~6丁目に
  • 1913年(大正2年)大阪市電・天神橋西筋線が開業(天神橋6交差点-天神橋1交差点間が拡幅)
  • 1914年(大正3年)阪神・北大阪線の天神橋筋六丁目駅が開業
  • 1915年(大正4年)大阪市電・北浜線が開業
  • 1925年(大正14年)新京阪急行・天神橋駅が高架駅として開業、翌年に駅ビル竣工
  • 1927年(昭和2年)東淀川区川崎町、本庄町、北長柄町の一部が天神橋筋7~9丁目に。大阪市電長柄橋筋線開業(天神橋6交差点の天神橋筋が拡幅)
  • 1933年(昭和8年)国鉄・天満駅が高架化。ゴーストップ事件
  • 1943年(昭和18年)北区天神橋筋6丁目の都島通以北および東淀川区天神橋筋7~9丁目が大淀区天神橋筋6~9丁目に
  • 1966年(昭和41年)大阪市電・天神橋西筋線と長柄橋筋線が廃止
  • 1967年(昭和42年)大阪市営地下鉄・谷町線が開通して南森町駅が開業
  • 1968年(昭和41年)大阪市電・北浜線廃止。阪神高速12号守口線開業
  • 1969年(昭和44年)大阪市営地下鉄・堺筋線が開通、阪急・天神橋駅が天神橋六丁目駅に移転・改称して地下鉄と相互直通運転開始
  • 1970年(昭和45年)地下鉄延伸工事でガス爆発事故で死者79名
  • 1974年(昭和49年)大阪市営地下鉄・谷町線が天神橋筋六丁目駅まで延伸
  • 1975年(昭和50年)阪神・北大阪線廃止
  • 1977年(昭和52年)大淀区天神橋筋6丁目が7丁目に編入されて天神橋7丁目に。天神橋筋9丁目は8丁目に編入されて天神橋8丁目に
  • 1978年(昭和53年)北区天神橋筋1~6丁目が天神橋1~6丁目に
  • 1989年(平成元年)北区と大淀区が合区、天神橋1~8丁目の全域が北区に
  • 1997年(平成9年)JR・東西線の開通で大阪天満宮駅が開業。関西テレビが扇町キッズパークへ移転
  • 2005年(平成17年)天満市場跡にぷららてんまが開業
  • 2006年(平成18年)天満天神繁昌亭が開席
  • 2010年(平成22年)旧駅ビルの天六阪急ビルが解体
  • 2013年(平成25年)天六阪急ビル跡地にジオタワー天六が竣工

まったく実用性のない「天一」~「天八」MAP

7丁目に天六が多いのはかつて大淀区天神橋筋6丁目だったからです。天六に次いで多いのは天三と天五ですが、3丁目と5丁目には駅がありません。天満駅と扇町駅のある4丁目は天四を名乗る必然性が薄く、南森町駅や大阪天満宮駅のある2丁目も同様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました