完全消滅した天神橋七丁目北商店会の街灯

かなり深みにハマってしまったようです。もともとの私のテーマは「天七」と「天八」はどう読めばいいのかということでした。中目黒駅は上目黒3丁目に所在していますが、「中」があるからには「◯目黒」は2つではないはずです。上目黒村、中目黒村、下目黒村と目黒川沿いに並んでいたのは1889年以前です。

天神橋7丁目に「天七商店街」と「天神橋七丁目商店会」がある以上、7丁目には少なくとももう1つの商店会(街)があるはずです。大阪市商店会総連盟大阪市北区商店会総連合会(キタ・モード)のWebサイトに掲載されている天神橋1~8丁目関係の商店街・商店会は次のとおりです。

商店街(会)総連盟モード
天神橋一丁目商店街振興組合
天神橋二丁目商店街事業協同組合
天神橋三丁目商店街振興組合
天神橋筋四番街商店街振興組合
天神橋筋4丁目北商店街振興組合
天神橋筋五丁目商店街振興組合
天六商店街振興組合
天満南街商店会
天五中央商店会
大淀天六商店会
天七商店会
天神橋七丁目商店街振興組合
天神橋の商店街・商店会

日本一長いと言われている「天神橋筋商店」の中核は◆印の4法人であり、この4法人で構成されるのが「天神橋筋商店です。この4法人に1丁目から3丁目の3法人を加えた★印の7法人の範囲が一般的には「天神橋筋商店街」と認識されているものと思われます。ただ、この7法人では「南北2.6キロ」に達しないことはすでに指摘しました。

7丁目に関しては、市の総連盟Webサイト掲載の「天七商店」が「天七商店」なのだとすれば、北区の総連合会Webサイト掲載の「天神橋七丁目商店街振興組合」を加えて3つになります。ただ、組合組織は天六駅のある6丁目側のはずです。北から「中」「天七」「組合」という並びになってしまいます。それでは「中」ではありません。

「中」の北(8丁目)側が怪しいのです。ストビューのタイムマシンに乗ってみたところ、睨んだとおりに「天七商店」が見つかりました。埋め込んだのは2014年3月撮影のストリートビューです。

2014年8月撮影のストビューでは左側の街灯はありません。右の街灯も2019年7月以降のストビューでは姿を消しています。看板は「天七北商店街」ですが、柱の銘板は「天神橋七丁目北商店会」になっています。任意団体であろう「天神橋七丁目北商店会」が「天七北商店街」を名乗っていたわけです。

私が調べた範囲では「商店街」を名乗るのに必ずしも法人格は必要とされないようです。ただ、任意団体の名前では銀行口座を開設できないはずですので、多くの場合は代表者の個人名義になるでしょう。後ろ指をさされない会計管理のためには法人格を取得したほうがいいことになります。

2013年9月撮影のストビューです。銘板には「天神橋七丁目北商店会」と記されています。最古のストビューでは「天神橋七丁目北商店会」の街灯を15本確認することができますが、最新のストビューでは1本もありません。すでに全滅しています。

天神橋七丁目北商店会の街灯(地理院タイル

街灯は「天七北商店街」の看板が掲げられているもの(赤)とそうでないもの(紫)の2種類があります。下のストビューは看板のないタイプです。看板のないタイプは「天神橋七丁目商店会」の街灯とまったく同じです。区別できるのは銘板だけですが、青の2本はストビューでは銘板を確認できませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました