大阪・天神橋筋商店街の「南北2.6キロ」はどこからどこまで?

南北2.6キロの謎

Wikipedia「天神橋筋商店街」には次のように記載されています(太字は私が施したものです)。

天神橋一丁目から天神橋丁目まで南北2.6km、600の店舗が軒を連ねる日本一長いアーケード商店街である。

Wikipedia「天神橋筋商店街」(2020/09/15閲覧)

「南北2.6km」は誤りです。Google Mapと地理院地図で計測してみましたが、1丁目のアーチがある地点から6丁目のアーケードが途切れる地点までの南北距離は約2キロ(地図上のピンク)です。商店街はシンプルな一本道ではなく横に広がったり本線に並行する側道的のものがあったりしますので、「総延長」なら2キロ以上になりますが、2.6キロには達しません。そもそも「南北」は変わりようがありません。

天神橋筋商店街
天神橋筋商店街(地理院タイル

とはいえ、南北両端の赤線部分を強引に加えてしまえば、切り上げ2.6キロにならないわけでもありません。

商店街の起点はどこ?

大阪市の場合は原則として市役所に近いところが1丁目になるようです。大阪市役所は中之島にあり、1丁目の西800mほどです。南側から1丁目、2丁目…8丁目になります。

1丁目の始まり
天神橋付近(地理院タイル

天神橋筋商店街は天神橋筋の旧道です。新道の天神橋筋は市電跡につくられたバイパスになります。旧道は天神橋からほぼ真っ直ぐ北上しますが、バイパス的ものは1本内側(大阪湾寄り)に設けられています。2014年3月撮影のストビューを埋め込みました

舗装の変わるところが商店街の起点と考えていいはずです。一丁目商店街Webサイトのイラストマップもここから始まっていますので、誰にも異論はないものと思われます。ただ、2.6キロの距離を稼ぐにはとても商店街とは言えない赤線部分を強引に足さなければなりません。

7丁目には天七商店街と天神橋七丁目中商店会が

天神橋4丁目には、JR環状線を境にして「天神橋筋4丁目北商店街」と「天神橋四番街」の2つ(以上)の商店街があります。商店街のアーケードは6丁目で終わります。6丁目と7丁目を隔てる都島通を渡っても、商店街は続きます。7丁目にも少なくとも2つの商店街(会)があるようです。

天神橋6~8丁目
天神橋6~8丁目(地理院タイル

緑のマーカーを置いた地点のストビューは2014年8月撮影のものです。

ストビュー左上の街灯の看板(茶色)には白字で「天七商店」と記されています。一方、右の方位磁石付近の街灯の柱には「天神橋七丁目商店」のプレートを確認することができます(植え込みの少し上)。マンション前はアスファルト舗装ですが、奥に進むとレンガ(調?)舗装です。

ふれあいの街

実は、まったく商店街らしくない8丁目にも「天神橋八丁目商店」が続いています。商店会の北端はラブホです。歩道の切れ目には「ふれあいの街」という街灯が建っています。幸か不幸か、車で長柄橋(ながらばし)を南下してきても旧道に左折することはできません。車止めがあるのです。

2014年4月撮影のストビューです。影が短いので時刻は正午頃です。日曜日かもしれません。予期せず写り込んだのが後ろ姿だったのは不幸中の幸いでしょう。ここから天六の駅まで徒歩10分です。

さて、1丁目の舗装が変わったところから8丁目ラブホ前の最後の街灯までをGoogle Mapで計測すると、直線で2.66キロです。切り捨ててしまえば2.6キロになります。おそらく「南北2.6キロ」の両端はこっちが正解なのだろうと思われます。

その場合でもWikiの記述は誤りです。ちなみに、アーケード部分の直線距離は1.77キロでした。道路舗装を基準に7丁目の途中まで計測すると2.16キロです。「2.6キロ」が正しいのなら「1丁目(の途中)から8丁目まで」でなければならず、あくまでも「6丁目まで」が正しいなら2.6キロではありません。履歴を見ると、2016年8月21日04時08分の更新で「六丁目まで」が追加されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました