「一部」白骨化はガセ? 三瓶(さんべ)ダムの遺体

一部白骨化?

BSS山陰放送(TBS系)は、島根県の三瓶ダムで見つかった2人の遺体について「一部白骨化」と報じています。

島根県大田市の三瓶ダムで、21日、水没している車の中から、身元不明の2人の遺体が発見されました。一部白骨化しているということで、警察が事件と事故の両面で捜査を進めています。

BSS山陰放送>少雨のダム底に乗用車…中から2人の遺体発見 一部白骨化(2022年6月22日(水) 21:40)

日本海テレビ(日テレ系)も「一部白骨化した2人の遺体」と報じたようですが、すでに削除されています。両者の共通点は、発見が6月21日で22日に配信されたことです。

TSKさんいん中央テレビ(フジ系)は、発見が20日「ほぼ白骨化」として6月21日19:59に配信しています。車内には助手席に胴体と足の骨が1人分、車の外に2つの頭蓋骨と他の骨という状況だったようです。

DNA鑑定で広島県福山市の夫婦だと身元が判明したという続報のニュース動画が7月6日付でTBS系とフジ系から公開されていますが、TBSは「一部白骨化」を譲らず、フジは単に「白骨化」です。車は2011年6月に借りられたレンタカーということです。当時の年齢が60代と50代だそうです。

福山から三瓶ダム
福山市と三瓶ダム(地理院タイルを加工)

引き上げられたのはいつ?

レンタカーを返却せずに何年も乗り回すのは難しそうです。借りパクされて連絡が途絶えたレンタカー会社は被害届を出すでしょうから手配されるはずです。車に不具合が起きても修理に出せません。事故であれ自殺であれ、ポチャンの時期はレンタカーを借りた6月かせいぜい7月だろうと思われます。

流れがないダム湖ですから地上や土中や海水より白骨化に時間がかかるとしても、遺体の状況としては「一部」ではなく「ほぼ」が正解のはずです。活字メディアの山陰中央新報は最初から単に「白骨化」で、中国新聞は「白骨化が進んでおり」です(22日付)。

疑問点として残るのは、発見され車が引き上げられた日付です。山陰中央テレビは20日で、他社は21日と食い違っています。ちなみに、頭蓋骨2つは車の外と報じていたのは山陰中央テレビだけです。

さて、三瓶山を源流とする三瓶川上流で三瓶ダムが運用を始めたは1996年です。三瓶川は静間駅付近で静間川に合流して日本海に注ぎます。

三瓶川
三瓶川(地理院タイルを加工)

三瓶ダム貯水率は30%台

赤マーカーのアメダス大田(おおだ)の降水量を調べてみました。5月と6月の降水量は160.5ミリで平年値337.5ミリの半分以下です。

アメダス大田の月降水量

渇水でダム湖の水位が下がったために、水没していた車が見つかったということですが、7月1日に36%台だった三瓶ダムの貯水率は7/7朝8:20時点で33.7%に下がっています。台風4号は恵みの雨をもたらさなかったようです。

鳥取では日野川で取水制限が始まっていますが、島根でも三瓶ダムのほかに浜田の大長見ダムで渇水調整が始まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました