「あたし」だから、できたこと

ももクロの「Link Link」はあーりんソロのサビで始まります。

  1. ♪<サヨナラ アシタはここから始まってるのだから>

1番のサビは5人のユニゾンです。

  1. ♪<サヨナラ アシタはここから飛び立つのだとしても>

「Link Link」は2015年3月発売の14thシングル「青春譜」のカップリング曲です。公式チャンネルでは「青春賦」トレーラーに1番のサビが収録されています。

2番のサビもユニゾンで、歌詞は歌い出しのあーりんソロと同じです。

  1. ♪<サヨナラ アシタはここから始まってるのだから>

この後のいわゆる「落ちサビ」は、再度あーりんソロです。

  1. ♪<サヨナラ アタシは涙を卒業すると決めた>

そして、ラスサビは1番のサビと同じ歌詞で、やはりユニゾンです。

  1. ♪<サヨナラ アシタはここから飛び立つのだとしても>

落ちサビだけが「アシタ」ではなく「アタシ」です。一人称の「あたし」が極めて効果的に使われています。「Link Link」のタイトルも、あーりんのピンクと韻を踏んだものに違いありません。作詞は只野菜摘です。

「わたし/あたし」とともに、今後展開していきたいことの1つが「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」です。「Link Link」では2番Aメロの高城パートに、♪<淋しさにじむのは ぽっかりとあいた椅子さ>というフレーズがあります。

DAMの歌詞表示では「さみ」のルビが振られています。「寂しい」は客観的な情景、「淋しい」は主観的な心情という使い分けが成立するなら、「さびしい」は「寂しい」に近く、「さみしい」は「淋しい」との親和性が高そうです。

さて、私は「Link Link」を+3のキー上げオク下で歌っています。抑揚とビブラートで苦戦していて、自己ベストはボーナス加点前の素点で94.8点台、ボーナス加点後で96.3点台です。音程もまだ90%に届いたことはありません。