年度途中に学校用地と校舎が競売

夢野久作の小説「ドグラ・マグラ」で、呉一郎が実母を絞殺したのは大正13年(1924年)のことで、場所は「福岡県鞍手郡直方町日吉町」です。直方(のおがた)町は1926年に周辺4村と合併し、1931年に市制を施行しています。

さて、1961年第43回大会は、オモテの優勝が浪商でウラは福岡の直方学園です。

  • 浪商1-0桐蔭5-4岐阜商3-1崇徳4-1新発田農3-2戸畑
  • (福岡大会)戸畑3-1小倉3-2大牟田商2-1八幡中央
  • (北部予選)八幡中央7-1豊津3-2折尾4-3嘉穂東6-3直方学園

直方学園が直方東に改称するのは1997年4月です。その前年の1996年5月、学校法人直方学園は福岡シティ銀行から1億8000万の融資を受け、銀行側は約2万平米の学校用地と鉄筋4階建ての校舎などに極度額3億円の根抵当権を設定します。

返済は滞り、2002年10月に銀行側は競売の申立を行います。この時点で直方東高校の生徒数は35人だったようです。2003年1月の入札は不調に終わりますが、6月の入札により学校法人直方学園は土地建物の所有権を失います。

直方東は年度途中での閉校を余儀なくされたわけです。落札したのは同じ直方市内で大和青藍(やまとせいらん)高校を運営する学校法人大和学園です。大和青藍は直方女子高から2002年に共学化されたばかりでした。

大和青藍が直方東の生徒を土地建物もろとも受け入れたことになります。両校は遠賀川(おんががわ)の対岸にあります。赤のマーカーが落札された旧・直方東の校地、青のマーカーが日吉町にある大和青藍の本校舎です。

旧・直方東高校の周囲をストリートビューで1周しましたが、とくに面白い画像はありませんでした。埋め込んだストビューは2013年4月撮影の「四宮の成金饅頭古町本店」さんの看板です。ふるまち通り沿いにあります。

中央のどら焼き風のお菓子が成金饅頭です。駅前の「大石本家」さんでは直径29cmの成金饅頭を販売しているようです(特注)。

1956年南関東大会の奇跡

先日公開した「優勝決定再々リーグ戦」のページにはプレーオフ8試合分のランニングスコアを掲げました。このページをiPhoneで閲覧すると、数字の文字列が見事にリンク設定されていました。

もちろん<a>タグで囲っているわけではありません。スマホ側が勝手に数字の文字列を電話番号だと解釈しているだけです。「余計なお世話」とか「ありがた迷惑」という言葉がチラつきます。

ヘッダ部のphpファイルにメタ要素を貼り付けるだけで解消できましたが、スマホでの動作確認も欠かせないようです。

さて、1956年の第38回大会では、全国大会レベルのウラ優勝校が千葉商でした。中京商も千葉商も1回戦不戦勝ですから、「准ウラ」は発生しません。

  • 平安3-2岐阜商2-1米子東1-0中京商5-0千葉商

当時は千葉と埼玉で1代表です。この年の南関東大会は、各県上位4校の計8校によるトーナメントであり、1回戦は千葉対埼玉の対戦です。4試合とも千葉県勢が勝っています。

千葉予選も埼玉予選も決勝まで戦っていますので、一般的にはウラ優勝校が不成立になるパターンです。

ところが、埼玉勢が1回戦で全敗したうえに、埼玉予選で優勝した大宮が南関東大会のウラ優勝校であることから、ウラ優勝校の権利は断絶することなく正統につながります。

  • (南関東大会)千葉商8-3銚子商4-2成田6-5大宮
  • (千葉予選)大宮4-1熊谷2-1大宮工3-0岩槻実4-3熊谷商工2-0所沢

もし成田に負けたチームが大宮以外の3校だったら、ウラ優勝校は消滅していたことになります。「8校トーナメントで1回戦は他県対決」を前提にすると、1.56%の確率となり、これは「奇跡」の部類に入ります。