道道697号線の北照高校跡地

1934年第20回大会は呉港中が優勝しています。全国大会におけるウラ優勝校は札幌商であり、北海道大会では小樽商です。

  • 呉港中2-0熊本工4-0市岡中13-4京城商9-8札幌商
  • (北海道大会)札幌商4-3旭川中7-4旭川師範7-2小樽商

北海道大会は札幌3校、東部1校、中部2校、南部1校、小樽1校の計8校によるトーナメントです。小樽予選は3校のリーグ戦が行われています。小樽商は小樽中に12対6、北海商に11対1で連勝しています。

小樽中は北海商に9対3で勝っていますので、ややイレギュラーではありますが、北海商を1934年のウラ優勝校とすることに抵抗はありません。

  • (小樽予選)小樽商12-6小樽中9-3北海商

北海商は現在の北照高校です。同校Webサイトの「沿革」には次のような記載しかありません(2017/09/03現在)。

昭和55年12月 新校舎建設工事落成し、移転する。

Wikipediaの記述も次のとおりです(2017/09/03現在)。

1980年12月 – 現在地に移転。

困りました。1934年当時の北海商校舎がどこにあったのか当事者のWebサイトにさえ掲載されていないのです。「北照高校 跡地」で検索したところ、次のページがヒットしました。

現在最上2丁目にある甲子園の常連北照高校は、昭和55年(1980年)まで緑第一大通りと緑第二大通りの間、正法寺通りにあった。現在跡地は、マンションと病院が建っている。そこには緑第一大通り沿いに、ひっそりと北照高校跡地の石柱が建てられている。

ビンゴです。これだけの情報量があれば、特定できないはずがありません。跡地の石柱はすぐに見つかりました。

 

1932年はウラ不成立、准ウラが2校

1932年の第18回大会ではウラ優勝校が不成立です。全国大会におけるウラ優勝校は京都師範です。

  • 中京商4-3松山商3-0明石中3-0八尾中2-0京都師範

京津大会は6校によるトーナメントでした。このトーナメントでは、京都1位も滋賀1位も初戦をシードされていません。府県1位は形式的なものだったようです。

全国大会で初戦敗退した京都師範に京津大会決勝で負けたのは京都一中であり、京都一中に京津大会準決勝で負けたのは大津商です。ところが、大津商は滋賀予選決勝で彦根中に負けています。

私が見つけたいのは大津商に勝ったチームです。連敗はウラ優勝校としての正統性を傷つけます。これではウラ優勝校は成立しないというのが私の認識です。

《2017/09/21追記》方針転換により、大津商に「巡ウラ」の権利を認めることにしましたが、このケースでは結果的に「准ウラ」と「巡ウラ」が重なります。

さて、京津大会準決勝では京都一中が大津商に勝っていますが、大津商は1回戦不戦勝です。そして、京都一中は1回戦で彦根中に勝っています。これは准ウラ優勝校の要件を満たします。

したがって、彦根中の先には准ウラ優勝校の権利が残っています。で、彦根中は滋賀予選決勝で大津商に勝っていますので、結果的には大津商の先に准ウラ優勝校の権利が残ったことになります。

  • (滋賀予選)彦根中10-4大津商14-5膳所中13-1水口中

というわけで水口(みなくち)中が第18回の准ウラ優勝校となります。水口中は滋賀予選2回戦で膳所中に負けていますが、1回戦は不戦勝でした。膳所中は1回戦で比叡山中に勝っています。このため、比叡山も准ウラ優勝校となります。

  • (滋賀予選)彦根中10-4大津商14-5膳所中19-1比叡山中

水口中は甲賀高校を経て現・水口高校、比叡山中は現・比叡山高校です。ともに1932年当時から校地移転はないものと思われます。