福岡農跡地は沖学園が継承

敗者復活戦が行なわれた1916年第2回大会の「巡ウラ」優勝校を辿ってみます。予選は九州大会の名称になっていたようですが、参加した10校はすべて福岡勢です。

  • 慶応普通部6-2市岡中5-4鳥取中9-6中学明善《広島商19-4中学明善》
  • (九州大会)中学明善9-2福岡工13-1福岡商25-0福岡農

福岡県立福岡農業高校のWebサイト「学校沿革」によれば、1916年当時の福岡県立福岡農学校は福岡市博多区竹下(当時の筑紫郡那珂村)に校舎があったようです。博多区竹下をGoogle Mapで開いてみました。

沖学園が怪しそうです。沖学園は1958年に博多商業高校として開校しています。福岡農が福岡市南区塩原に移転したのも1958年です。福岡農の校地は沖学園に払い下げられたものと思われます。

福岡県立博物館のWebサイトで公開されている1934年発行の「最新福岡市街及郊外地図」にアサヒビールの工場に隣接して「農学校」があります。確定です。

埋め込んだストリートビューは2014年1月撮影の沖学園です。脇の道路は「竹下通り」という通称のようです。

さて、福岡農は初参戦の1916年第2回から1954年第36回まで7回挑んで7連敗、1976年第58回以降は連続出場しており、初勝利は1977年第59回です。

1979年から1995年まで17年連続初戦敗退ですが、この間に沖学園と2度対戦しています。1987年は1対21、1993年は1対25という派手な最終スコアです。

野球部は弱小チームでも、福岡農は1948年2月の全国中等学校対抗駅伝で優勝しており、学制改革を経た翌1949年の高校対抗駅伝でもV2を果たしています。

今の「全国高等学校駅伝競走大会」は1950年が第1回です。1953年と翌1954年の第4回と第5回の優勝チームは、当時「福岡県立筑紫野高校」と称していた福岡農です。ただし、今の福岡農には陸上部あるいは駅伝部はないものと思われます。

純粋な農業科は全国規模でもすでに絶滅危惧種であり、今の福岡農に設置されているのは都市園芸科、環境活用科、食品科学科、生活デザイン科です。「土を耕し 心を耕し 未来を耕す」の校訓が色褪せないことを希望します。