「准ウラ」の「准ウラ」

1949年第31回大会はオモテの優勝校が湘南です。ウラ優勝校を辿ってみます。

  • 湘南5-3岐阜5-2倉敷工7-6小倉北15-4長崎東
  • (西九州大会)長崎東5-1鹿本3-1佐世保北5-1佐賀

西九州大会は長崎4校、熊本と佐賀が各2校出場しています。佐賀予選決勝は龍谷が佐賀に5対0で勝っていますので、ウラ優勝校は不成立です。

長崎東は全国大会1回戦が不戦勝でした。小倉北は1回戦で慶応に勝っています。当時の慶応は東京です。つまり、「准ウラ優勝校」の権利が東京に発生することになります。

  • (東京大会)慶応9-0都立八6-5国立6-5立教3-1成蹊2-1東京園芸6-3江戸川

江戸川が「准ウラ優勝校」です。江戸川は1回戦不戦勝で2回戦が初戦でした。東京園芸は1回戦で昭和二に勝っています。ということは、昭和二は「准ウラ」の「准ウラ」です。

  • (東京大会)慶応9-0都立八6-5国立6-5立教3-1成蹊2-1東京園芸9-2昭和二

昭和二高とは現在の昭和第一学園です。立川市所在の同校Webサイトの「沿革」と文京区所在の昭和第一高校Webサイトの「校史年表」を私なりに編集してみました。

  • (文)1929年 昭和第一商業学校創立
  • (立)1940年3月 財団法人昭和第一工業学校第一本科・第二本科設立認可
  • (立)1946年8月 財団法人昭和第一産業学園昭和第一実業学校と改称
  • (文)1948年 昭和第一高等学校を設立
  • (立)1948年4月 昭和第二高等学校と改称
  • (立)1951年3月 学校法人昭和第一学園認可
  • (立)1957年4月 昭和第一工業高等学校と改称
  • (文)1980年 学校法人昭和第一学園から分離して学校法人昭和一高学園に
  • (立)1989年4月 昭和第一学園高等学校と改称

立川の昭和第一実業は1948年に昭和第二高校に改称されています。この時点では文京区が第一高校で、立川が第二高校ということのようです。

で、第二高校は普通科を廃して工業高校となったのを契機に、再び第一を名乗るようになったわけです。もともと旧制一高が校名の由来のようですから、第二を名乗り続けることは潔しとしなかったのかもしれません。

旧・小田原商は小田原城馬出門の正面

小田原商は今の小田原東高です。その所在地は酒匂川の右岸、国道1号線の箱根駅伝コース沿いになります。左端の青マーカーが小田原中継所となる鈴廣さんです。

いたって普通の校舎ですので、ストリートビューは「水曜どうでしょう」の「原付日本列島制覇 東京−紀伊半島−高知」の回で、瞬間的に小田原城と間違われてしまった株式会社ういろうさんです。

埋め込んだのは2014年2月撮影のストビューです。この国道1号線沿いの本店だけでなく、駅前にある「ういろう駅前調剤薬局」にもカフェコーナーがあります。ちなみに、箱根駅伝往路の中継所は2016年までこの付近でした。

さて、Wikipediaの「神奈川県立小田原城東高等学校」のページ(2017/09/05現在)の「沿革」を加工して関連年表を作ってみました。

  • 1921/04/18 足柄村多古に足柄実科高等女学校が創立
  • 1927/05/25 小田原市幸町に私立小田原商業学校が創立
  • 1941/01/30 足柄実科高等女学校が小田原市立実科高等女学校に改称
  • 1943/04/01 小田原市立実科高等女学校が小田原市立高等女学校に改称
  • 1946/08/01 私立小田原商業学校が小田原市立商業学校に改称
  • 1948/04/01 小田原市立高等女学校が小田原市立高等学校に改称
  • 1948/07/18 両校舎が小田原市東町4-12-1に移転
  • 1951/03/10 小田原市立商業学校が神奈川県立小田原商業高等学校に改称、小田原市立高等学校が神奈川県立小田原女子高等学校に改称
  • 1951/04/01 両校が統合して神奈川県立小田原城東高等学校が創立
  • 2008/04/01 神奈川県立湯河原高等学校との統合で神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校が創立
  • 2017/04/01 神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校が神奈川県立小田原東高等学校に改称

小田原商は1948年第30回大会の准ウラ優勝校です。全国大会におけるウラ優勝校は佐賀県の鹿島一です。西九州大会まで遡ることができます。

  • 小倉1-0桐蔭1-0西京商5-0享栄商11-0鹿島一
  • (西九州大会)鹿島一11-5佐賀一7-2武雄7-0海星

この年の西九州大会は8校のトーナメントです。佐賀4校、長崎と熊本が各2校です。佐賀開催だったのでしょう。各県予選は決勝まで行われており、海星は決勝で諫早に敗れています。

したがって、私のルールではウラ優勝校不在となるわけですが、全国大会の鹿島一は1回戦不戦勝でした。享栄商は1回戦で浅野に勝っています。浅野の先に「准ウラ」の権利が残っています。

  • 浅野3-1逗子開成6-4県川崎2-0横浜商10-2横須賀工9-3横浜一18-8小田原商

神奈川は1代表ですので、こちらはつながります。1948年当時の小田原商は市立だったようです。夏休み前に校舎移転していますので、予選を戦ったときは幸町の校舎だった可能性が高そうです。

小田原市幸町は消滅地名です。バス停などにその痕跡を残しています。ネット上で公開されている古地図に「商業高校」の名前がありました。旧校地は小田原城馬出門から「めがね橋」を渡ったところ(横浜地検小田原支部の南側にある駐車場)です。

予選の日取りまで確認するつもりはありませんので、全国大会開催時の校地ということで、MAPでは小田原東高校にマーカーを打ちました。