旧・小田原商は小田原城馬出門の正面

小田原商は今の小田原東高です。その所在地は酒匂川の右岸、国道1号線の箱根駅伝コース沿いになります。右端の赤マーカーになります。左端の青マーカーは小田原中継所となる鈴廣さんです。

1948年の准ウラ優勝校が小田原商

小田原商は1948年第30回大会の准ウラ優勝校です。全国大会におけるウラ優勝校は佐賀県の鹿島一ですが、鹿島一を辿ると迷宮に入り込みます。

  • 小倉1-0桐蔭1-0西京商5-0享栄商11-0鹿島一
  • (西九州大会)鹿島一11-5佐賀一7-2武雄7-0海星

この年の西九州大会は佐賀県開催だったものと思われます。佐賀4校、長崎2校、熊本2校による8校のトーナメントです。各県予選は決勝まで行われており、海星は長崎県大会決勝で諫早に敗れています。海星が2度負けているため、私のルールでは「ウラ優勝校」不在となります。

鹿島一は全国大会2回戦敗退でした。1回戦は不戦勝です。享栄商は1回戦で浅野に勝っています。したがって、浅野の先に「准ウラ」の権利が残っています。1県1代表の神奈川は最後までつながり、たどった先の小田原商が准ウラ優勝校となります。

  • 浅野3-1逗子開成6-4県川崎2-0横浜商10-2横須賀工9-3横浜一18-8小田原商

現存しない小田原商ですが、Wikipediaの「神奈川県立小田原城東高等学校」のページ(2017/09/05現在)の「沿革」を加工して関連年表を作ってみました。

  • 1921/04/18 足柄村多古に足柄実科高等女学校が創立
  • 1927/05/25 小田原市幸町に私立小田原商業学校が創立
  • 1941/01/30 足柄実科高等女学校が小田原市立実科高等女学校に改称
  • 1943/04/01 小田原市立実科高等女学校が小田原市立高等女学校に改称
  • 1946/08/01 私立小田原商業学校が小田原市立商業学校に改称
  • 1948/04/01 小田原市立高等女学校が小田原市立高等学校に改称
  • 1948/07/18 両校舎が小田原市東町4-12-1に移転
  • 1951/03/10 小田原市立商業学校が神奈川県立小田原商業高等学校に改称、小田原市立高等学校が神奈川県立小田原女子高等学校に改称
  • 1951/04/01 両校が統合して神奈川県立小田原城東高等学校が創立
  • 2008/04/01 神奈川県立湯河原高等学校との統合で神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校が創立
  • 2017/04/01 神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校が神奈川県立小田原東高等学校に改称

1948年当時の小田原商は市立だったようです。夏休み前に校舎移転していますので、予選を戦ったときは幸町の校舎だった可能性が高そうです。

眼鏡には見えない「めがね橋」

小田原市幸町は消滅地名です。バス停などにその痕跡を残しています。ネット上で公開されている古地図に「商業高校」の名前がありました。旧校地は小田原城馬出門から「めがね橋」を渡ったところ(横浜地検小田原支部の南側にある駐車場)です。

小田原城めがね橋

どうしても不思議なのは、なぜこの形状で「めがね橋」の名前になったのかということです。2014年2月撮影のストビューを埋め込みました

小田原城のめがね橋に関して、メガネをイメージできる画像を私は見たことがありません。アルセーヌ・ルパンがつけているような片眼鏡を想像すればいいのでしょうか。

さて、予選の日取りまで確認するつもりはありませんので、全国大会開催時の校地ということで、MAP上では小田原東高校にマーカーを打ってあります。

【外部リンク】
ぼくの近代建築コレクション

コメント

タイトルとURLをコピーしました