年度途中に学校用地と校舎が競売

夢野久作の小説「ドグラ・マグラ」で、呉一郎が実母を絞殺したのは大正13年(1924年)のことで、場所は「福岡県鞍手郡直方町日吉町」です。直方(のおがた)町は1926年に周辺4村と合併し、1931年に市制を施行しています。

さて、1961年第43回大会は、オモテの優勝が浪商でウラは福岡の直方学園です。

  • 浪商1-0桐蔭5-4岐阜商3-1崇徳4-1新発田農3-2戸畑
  • (福岡大会)戸畑3-1小倉3-2大牟田商2-1八幡中央
  • (北部予選)八幡中央7-1豊津3-2折尾4-3嘉穂東6-3直方学園

直方学園が直方東に改称するのは1997年4月です。その前年の1996年5月、学校法人直方学園は福岡シティ銀行から1億8000万の融資を受け、銀行側は約2万平米の学校用地と鉄筋4階建ての校舎などに極度額3億円の根抵当権を設定します。

返済は滞り、2002年10月に銀行側は競売の申立を行います。この時点で直方東高校の生徒数は35人だったようです。2003年1月の入札は不調に終わりますが、6月の入札により学校法人直方学園は土地建物の所有権を失います。

直方東は年度途中での閉校を余儀なくされたわけです。落札したのは同じ直方市内で大和青藍(やまとせいらん)高校を運営する学校法人大和学園です。大和青藍は直方女子高から2002年に共学化されたばかりでした。

大和青藍が直方東の生徒を土地建物もろとも受け入れたことになります。両校は遠賀川(おんががわ)の対岸にあります。赤のマーカーが落札された旧・直方東の校地、青のマーカーが日吉町にある大和青藍の本校舎です。

旧・直方東高校の周囲をストリートビューで1周しましたが、とくに面白い画像はありませんでした。埋め込んだストビューは2013年4月撮影の「四宮の成金饅頭古町本店」さんの看板です。ふるまち通り沿いにあります。

中央のどら焼き風のお菓子が成金饅頭です。駅前の「大石本家」さんでは直径29cmの成金饅頭を販売しているようです(特注)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA