出自はやっぱりそこ

瀬川瑛子の母校でもある品川エトワール女子高校Webサイトの「沿革」のページの冒頭3行です。

1934 (S.9) 9.19.町田徳之助翁により、財団法人町田報徳会並びに町田報徳学舎設立。
1950 (S.25) 4.普通科の町田学園女子高等学校となる。
1984 (S.59) 9.創立50周年式典開催。

1934年から1950年まで「町田報徳学舎」で押し通したように解釈することもできますが、そんなはずはありません。男子校として設立された町田報徳学舎は、のちに町田報徳商業学校となり、1944年には何らかの転換を迫られているはずです。

学制改革は(高校については)1948年ですので、この時点でも名称変更が必ずあります。途中が思い切り省略されているわけですが、このようなケースは枚挙にいとまがありません。

で、町田報徳商業学校を深掘りしているうちにヒットしたのが、次のPDFファイルでした。

高校野球百科事典>高校野球創部調査β版>男子商業学校の戦時転換

やはりこの分野は高校野球と切り離せないもののようです。私は次の2つをリストアップしているところでした。後者に関しては、どこまで遡るのかという問題を抱えていました。

  1. 現存する商業高等学校
  2. かつての商業高等学校(または旧制の商業学校)

上のPDFをベースにすることができそうですので、1943年度以降に限定しようと考えています。私の問題意識に従い、「~実業」や「~商工」は対象外としますが、女子商業は含みます。分類としては次のようになります。

  1. 1943年度以降の旧制「~商業学校」で、現校名が「~商業高等学校」
  2. 1943年度以降の旧制「~商業学校」で、現校名が非「~商業高等学校」
  3. 新制「~商業高等学校」で、現校名も「~商業高等学校」
  4. 新制「~商業高等学校」で、現校名が非「~商業高等学校」

閉校の場合は2または4とします。いずれにせよ、MAPの元になるリストは組み替える必要があります。今週末にはMAP作成に着手するつもりでしたが、若干ずれ込みそうです。

MAP化するには所在地を把握する必要もあり、そう簡単にはいかないケースも多くあるでしょうが、ここまで来ればもう乗りかけた(泥?)舟です。

ところで、2006年発売の「河合奈保子・しんぐるこれくしょん」には「エトワール幼稚園園歌」が、2013年に発売された「河合奈保子 ゴールデン☆ベスト~B面コレクション~」には「町田学園女子高等学校校歌」が収録されています。

学園から作詞を依頼された売野雅勇の推薦だったようです。どうやらこの校歌と園歌は1990年代半ばに吹き込まれた音源で、おそらくはは非売品だったものと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA