苫東開発に消えた集落

地名としての「柏原」の読みは、次のように12通りあるようです。適切なのかどうかはまだわかりませんが、とりあえず6グループに分けてみました。グループ内の相違については、あまり深入りすることは避けたいと考えています。

  • (A)かしわばら
  • (A)かしわはら
  • (A)かしわばる
  • (A)かしわぱっら
  • (B)かしわら
  • (B)かしはら
  • (B)かしばら
  • (C)かしょうはら
  • (D)かいばら
  • (D)がいばら
  • (E)かせばら
  • (F)かやばる

昨年9月の北海道胆振東部地震で大規模停電の引き金を引いたとされるのが苫東厚真火力発電所です。最北の「柏原」は、苫東厚真と同じ開発地域にあります。火力発電所は臨海部であり、「柏原」は臨空部と呼ばれる地域です。

苫東地区 (Google Earthプロ)

境界線の東側は厚真町です。火力発電所は境界の沿岸部にあり、その北に白く見える一団は石油備蓄基地です。備蓄基地から柏原のマーカーまで建物はほとんどありませんが、もともとは1万ヘクタールの工業用地です。

1万ヘクタールとは10km四方です。国家プロジェクトである工業用地造成のために、農業や酪農を営んでいた入植者が札束で追い出された黒歴史があります。柏原小学校が廃校になったのは1971年ですから佐藤内閣末期です。

この苫小牧市柏原について、郵便番号検索をかけると「かしわら」です。これで何の問題もないはずですが、MapFan、Mapion、Yahoo!地図、goo地図、いつもNAVI、NAVITIMEのネット地図では「かしわら」とされています。

コトバンクの「日本の地名がわかる事典」でも「かしわら」です。苫小牧市Webサイトには「町名一覧表」が掲げられており、これも「字柏原」を「あざかしわら」としています。

行政当局が「かしわら」としているのですから、「HA」だろうが「BA」だろうが業務にはたいして影響のない郵便局はスルーするしかありません。ちなみに、角川日本地名大辞典では「かしわら」でした。

実はNAVITIMEのバス停検索では、柏原も柏原西も柏原西口も「かしわら」になります。これにこだわったら、ちっとも話が進まないと思った次第です。まあ、正式とされる名称と俗称が異なるのはありがちなことです。

外部リンク
 苫小牧市>苫小牧市 町名一覧表
 村影弥太郎の集落紀行>柏原

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA