勝共連合が日本だけ残っている理由は?

青木さんを探して青津さんに

ネットで旧・統一教会(協会)の「青木ケンシュ(ウ?)」さんを探していたら、国際勝共連合の著名なオルガナイザー・青津和代氏の講演に出席したという地方議員のブログが複数ヒットしました。

青津氏は「青木和子」の変名を用いていたことがあるようです。梶原一騎原作のTVドラマ「柔道一直線」で主人公の母親役を演じたのが女優の青木和子さんです。「姓名分布&ランキング 写録宝夢巣」で「青木」を検索すると全国41位ですが、「青津」さんは18,603位です。福島県に多い苗字のようです。

青津和代氏は「国際青少年問題研究所」所長の肩書のときもあります。この「国際青少年問題研究所」がどのような団体なのか所在地等はわかりません。青津氏は一般的には国際勝共連合「幹部」として紹介されることが多いようですが、大西健介代議士は10月の国会質疑で「本部長」と呼んでいます。

国際勝共連合のWebサイトには歴代会長名は掲載されていませんでした。勝共連合サイトとWikipediaの「国際勝共連合」のページを足し算すると、次のようになります(抜けがあるかもしれません)。

1968久保木修己(1964-1991)
1999大塚克己(1999-2001、2006-2008)
2001小山田秀生(1994-1995、2001-2006)
2010梶栗玄太郎(2009-2012)
2013太田洪量
2017梶栗正義
▲国際勝共連合の会長

カッコ内は統一教会(協会)会長としての在任期間です。太田氏はJ-CARPの初代会長、国際勝共連合・現会長の梶栗氏はJ-CARPの8代目会長だそうです。グループ内の役割分担化が進行しているのかもしれません。

各国の勝共連合は冷戦後に消滅しており、勝共連合の名前で活動しているのは日本だけということです。勝共連合の代わりに組織されたのが世界平和連合です。国際勝共連合と日本の世界平和連合は同じワールド宇田川ビルの同じフロアであり、月刊誌の「世界思想」と月2回発行の「思想新聞」は両団体の機関誌のようです。

【2022/11/24追記】完璧ではないかもしれませんが、勝共連合の歴代会長がおおむね判明しました(↓)。

駅立ちで声をかけられた?埼玉県議

安倍氏銃撃事件からそろそろ4か月になります。統一教会との接点がこれだけ問題になっているにもかかわらず、それを堂々とブログに残している議員の了見はどういうことなのでしょう。

(1)統一教会の何が悪いのかと開き直っている
(2)削除がバレて傷口を広げるより、ありのままで
(3)すっかり忘れていて何も気にしていない

まず、埼玉県議です。世界平和女性連合という今やパワーワードも出てきます。去年の5月のことです。

世界平和女性連合のスペシャルセミナーで国際青少年問題研究所所長の青津和代先生から「平和の礎は家庭から」ということで家庭教育の重要性について講演いただきました。平和の基礎は家庭教育であるとあらためて感じました。子育て支援の条例を可決する自治体も増えていますので私も必要性を訴えていきます。

柿沼貴志のブログ>令和3年5月24日~30日 活動記録

非常に熱心に更新されているブログです。柿沼氏は2011年の行田市議選では定数22の8位当選、2015年と2019年の統一地方選では県議選に出馬しています。

2015年2019年
鈴木聖二(自)13,18412,035
柿沼貴志(無)12,75215,253
▲埼玉県議選・東1区

前回は当時の上田知事の応援を受けて64歳の自民現職に勝っています。議会では無所属県民会議の会派に属していましたが、この8月に退会して純粋な無所属に転じています。

行田には派手めの看板を出している「さきたま家庭教会」があります。市社会福祉協議会は昨年、バザー収益金約5.5万円の寄付を受けており、今後は受け取らない方針だそうです。

【外部リンク】
■朝日新聞デジタル>旧統一教会との関係 25議員接点認める 本社調査 2022年10月25日

この記事の最後のほうにある「駅立ちをしていたところ、勉強会があるので出てほしいと言われた」が柿沼氏かもしれません。銃撃事件がなければ、「世界平和女性連合」や「国際青少年問題研究所」の名前だけで判断できるものではありません。

関係の深さを疑わせるような接点でもないので放置しているものと思われますが、有権者がそう判断してくれるかどうかはわかりません。対立候補次第です。言及したほうがよさそうな気がしますけど…。

わざと残している?富山市議

富山の柞山(ほうさやま)数男市議は所属会派の勉強会に参加しています。婦中町議5期、合併後は富山市議5期目の70歳で、直近の選挙は去年でした。柞山姓の全国ランクは13,208位です。

先日の会派勉強会で「今こそ、児童虐待から子供たちを救え!」と題して国際青少年問題研究所所長、青津和代先生の講義を頂いた。昨今、目を覆いたくなる事件が増える。児童虐待や殺人事件の半数が親族間で起きている。多くの事案は家庭に問題を抱えてる。対策が急がれる!

柞山数男 活動報告・お知らせ>会派勉強会が開催されました。 2019年6月12日

富山市議会の自民会派は今年1月に分裂していますが、柞山氏とは別の会派(新田知事派?)はその1月にも青津氏を講師に招いています。

もともと会派まるごとの話であり、すでに大きく取り上げられているため、柞山氏が今さら削除することにそれほど意味はありません。一方、多くの写真を掲載していた平和大使協議会「富山オープンカレッジ」のサイトはTOPページを残してほぼ全面削除状態です。

柞山氏は会派の代表として「深く反省」を表明しています。会派が分かれたのは柞山氏にとっては好都合で、巻き込まれた感を出せばいいわけです。知事が頑なであればあるほど、削除せずに残しておくことのほうがむしろ効果的とも言えそうです。

チューリップテレビ(TBSとテレ朝のクロスネット)ではなく、北日本放送(日テレ系)のニュース動画です。

山際前大臣の選挙区の川崎市議

川崎市宮前区は山際大志郎氏の選挙区です(宮前区のごく一部は神奈川9区)。1985年生まれの矢沢孝雄市議は当選2回で来年改選です。

自民党川崎市連第22回政調勉強会が行われ、講師として国際青少年問題研究所所長・青津和代 様をお招きして”家庭の危機と再生のための政策ビジョンについて~同性婚合法化の波に対応すべきか~”と題して、ご講演いただきました。

矢沢たかお公式サイト>文教委員会/第22回政調勉強会/区ゲートボール総会/宮前区役所(児童家庭課) 2016.04.15

これも自民党市連の勉強会ですので、矢沢市議が自分でセットしたわけではありません。党の勉強会ですから無碍に欠席もできないでしょう。事情はそれぞれだとしても、3人とも今さらの削除は難しそうです。

次の東京新聞の記事によれば、「国際勝共連合 神奈川県本部」と「世界平和連合 神奈川県連合会」の所在地は同一だそうです。山際氏初出馬のときからの支援者が代表者を務めているということです。

【外部リンク】
■東京新聞>「年1、2回、私の事務所に来ていた」旧統一教会系に協力した川崎の自民市議が告白 行事出席、名義貸しも 2022年9月3日
■カナロコ>山際氏支援者に旧統一教会関係者 追及に「記憶ない」連発 2022年10月19日
■Christian Today>統一協会が再び名称変更「天の父母様教団」へ 2020年4月7日

2つのナゾ

8月以降、教団について私がずっと抱えていた疑問がありました。

(1)なぜ日本だけ勝共連合が残っているのか?
(2)なぜ再度の名称変更を企てているのか?

1968年1月文鮮明氏が韓国で「国際勝共連合」創設
1968年4月「国際勝共連合」の日本支部創設(久保木会長)
1989年5月ハンガリーがオーストリアとの「鉄のカーテン」を撤去
1989年11月「ベルリンの壁」崩壊
1989年12月ブッシュ大統領とゴルバチョフ書記長のマルタ会談
1990年10月東西ドイツが統一
1991年8月文鮮明氏が韓国で「世界平和連合」を創設
1994年5月「世界基督教統一神霊協会」を「世界平和統一家庭連合」に改称
1996年3月「世界平和連合」日本支部創設大会(久保木会長)
2005年9月文鮮明氏が「天宙平和連合」をニューヨークで設立

東西冷戦終結を受けて1991年に創設されたのが「世界平和連合」です。日本以外の国の「勝共連合」は「世界平和連合」に改組されたか、あるいは併存後に吸収されたものと思われます。「勝共連合」が残っているのは日本だけのようです。

日本における教団名称の変更は2015年です。最初に改称を申し出てきたのは1997年だったそうです。「世界平和統一家庭連合」への改称は、教団にとって18年越しの悲願だったわけです。この名称変更は避けられない既定路線でした。

「勝共連合」を「世界平和連合」に置き換えてしまうと、「世界平和連合」と「世界平和統一家庭連合」の名称が近すぎて、いくら別団体だと主張してもいやでも関連性を疑われてしまいます。この点からは「勝共連合」を残したほうが都合がいいわけです。

また、「勝共連合」は政治団体ですが、「世界平和連合」は任意団体で社団法人化もされていません。何か使い分ける価値があるのかもしれません。

なお、松濤本部などに掲げられている教団の表札は「天の父母様聖会 世界平和統一家庭連合」です。教団名称を「天の父母様聖会」に変えてしまえば、「世界平和連合」とは1文字たりともかぶらなくなりますが、まだ探る必要がありそうです。

【2022/11/12追記】教団の講師をしていた森山操氏(故人)は「総合教育研究所」所長という肩書だったようです。青津氏の「国際青少年問題研究所」と同じくいわゆる「1人研究所」(単なる屋号)かと思われます。ほかにも怪しい匂いのする「◯◯研究所」や「◯◯アカデミー」を見かけますので、正体隠しは伝統芸なのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました