与論島(よろんじま)とヨロン島(よろんとう)

鹿児島県最南端の島は与論島(よろんじま)です。和泊町のある島は口永良部島(くちのえらぶじま)ですが、同じ鹿児島県の口永良部島より沖縄本島のほうが距離的には近いという位置関係にあります。

私は「よろんとう」と「島」を音読みするものだと思っていました。この歳になって初めて気づくことも多いようです。ただ、私が「よろんとう」と覚えていたのは無理からぬことではあるのです。

「水曜日のダウンタウン」の挨拶シリーズで、春日が浜田に仕掛けた “「よ」で始まり「す」で終わる言葉”のレベル6は「与論島は鹿児島最南端の島です」でしたが、 ナレーションも春日自身も紛れもなく「よろんとう」と読んでいます。

ヨロン島観光協会のWebサイトには次のような記述があります。「ヨロン島(ヨロントウ)の読み方」と題する項目です。

ヨロン島の観光の歴史をさかのぼると沖縄が日本復帰した昭和47年頃、他の島と差別化をしてイメージアップを図る為に、カタカナ表記で「ヨロン島」読みを「ヨロントウ」としてプロモーションを行いました。
<略>その頃から継続して観光面ではカタカナ表記で「ヨロン島」読みを「ヨロントウ」として使用し、現在に至っております。

ヨロン島観光協会>ヨロンについて

たしかに、オアフ島、クレタ島、セイロン島、セブ島など外国の島は、ことごとく音読みの「とう」です。一方、国内では国後島、択捉島、色丹島の北方領土3島が「島」を「とう」と音読みするだけで、訓読みの「しま」が圧倒的多数です。

呼称が揺れていた硫黄島については、2007年に小笠原村議会で故障の統一を求める決議が採択され、これを受けて国土地理院や海上保安庁などが「いおうとう」で足並みを揃えています。南硫黄島や北硫黄島も同様です。

いずれにしても、日本の島で「○○とう」はかなり特殊なケースであることに違いはありません。与論島の場合、「よろんじま」が正式名称で「よろんとう」は俗称ということになるのでしょう。

もっとも、当事者こそが俗称の仕掛け人であって、俗称ウェルカムのスタンスですから、俗称が広まったところで目くじらを立てることもないわけです。およそ50年前からの優れた戦略が功を奏していることになります。

いったい誰の発案なのか、そっちのほうが気になります。さて、与論島へのアクセスは、空路が鹿児島、奄美大島、沖縄の3路線、海路は鹿児島と沖縄の2路線で、それぞれ毎日就航しています。与論島のアメダス観測地点は空港内です。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA