太子(たいし)ではなく、大子(だいご)

目下のところ、この夏唯一の39℃台を記録しているのは茨城県の大子(だいご)です。8月9日に39.0℃を記録していますが、8月7日も38.3℃で最高気温全国1位でした。茨城県大子町は太平洋から30km以上離れ、福島と栃木両県に接しています。

茨城県北部(Google Earthプロ)

当然、その大子町の市街地は盆地になります。大子の観測ポイントは周囲を民家で囲まれており、東40m先は斜面、西70m先には相川が流れています。河岸段丘的な地形です。標高は120mだそうです。

大子の観測ポイントでは1月10日に最低気温-9.4℃を記録していますので、今年の年較差は48.4℃となります。39.5℃(5/26)と-28.6℃(2/9)の佐呂間には及びませんが、本州トップクラスで間違いないはずです。

世田谷や仙台や新潟に太子堂があるのですから、茨城に聖徳太子ゆかりの地名があったとしても不思議ではありませんが、「醍醐水」と呼ばれる湧き水が町名の由来のようです。

町内をストリートビューで散策してみると、石像がやたらと目につきます。とくに気になるのは、常陸大子駅から永源寺(もみじ寺)に向かう長岡橋西詰(南詰?)に置かれた計4体の石像です。

「ながおかはし」のプレートの上で合掌しているのは、髪型からして古代人なのかもしれません。町内には遺跡があるようです。もし女性像だとすれば、川岸であることから弁財天が有力ですが、琵琶は持っていません。

また、親鳥が運んで来る餌を持つ雛鳥のように大口を開けている3体はおそらく笑い地蔵であろうと思われます。その右には何らかの支柱が切断されたような痕跡があります。

さらにその右側には円盤状のコンクリの基礎が3つあることから、笑い地蔵?はもともとそこに設置されたものであり、支柱跡は合掌している古代人像?の設置箇所であったのかもしれません。

ちなみに、橋の左側はフクロウ、東詰(北詰)は蛙と河童です。何が原因で移設されるに至ったのでしょうか。あいにくストビューは2014年4月撮影の1本だけで、過去を遡ることはできません。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA