北海道の「別」はアイヌ語の川

10連休最後の5月6日の最高気温1位は北海道紋別郡湧別町の観測ポイントでした。オホーツク海の海岸線から2km近く離れた畑の中に観測施設があります。この日の最高気温TOP10は次のとおりです。

  • 28.0 ℃ 北海道紋別郡湧別町 湧別(ユウベツ)
  • 27.7 ℃ 沖縄県宮古島市 下地(シモジ)
  • 27.7 ℃ 沖縄県石垣市 石垣島(イシガキジマ)
  • 27.5 ℃ 北海道常呂郡佐呂間町 佐呂間(サロマ)
  • 27.1 ℃ 沖縄県八重山郡竹富町 志多阿原(シタアバル)
  • 27.0 ℃ 新潟県上越市 高田(タカダ)
  • 27.0 ℃ 北海道紋別郡遠軽町 遠軽(エンガル)
  • 26.9 ℃ 沖縄県宮古郡多良間村 仲筋(ナカスジ)
  • 26.8 ℃ 沖縄県八重山郡竹富町 大原(オオハラ)
  • 26.7 ℃ 沖縄県八重山郡竹富町 波照間(ハテルマ)

4位の佐呂間と7位の遠軽も湧別近隣の観測ポイントです。いずれもストビューで風速計を確認できます。探すのが簡単なほうから、遠軽>湧別>佐呂間の順になるはずです。湧別、佐呂間、遠軽の位置関係は次のとおりです。

湧別町付近 © OpenStreetMap contributors

オホーツク紋別空港の発着便は、羽田発が12:35着、羽田行が13:15発です。空港売店の営業時間は10:00~15:00、軽食コーナーが11:00~14:00になっています。15:00まで人が残っているものなのか不安は尽きません。

湧別町と遠軽町はもともと同じ「湧別村」です。1910年に湧別村と「上湧別村」に分村され、その上湧別村から1919年に分離したのが「遠軽村」です。遠軽村から 1925年には「生田原村」が、1946年に「丸瀬布村」と「白滝村」が分離します。

2005年に遠軽町、生田原町、丸瀬布町、白滝村が合併して新しい遠軽町が発足します。湧別町は2009年に上湧別町と合併しています。1910年当時の湧別村は、ピーク時には5町1村に分かれて、今は2つの自治体に収まっているわけです。

ところで、「~別」の地名は北海道に多く見受けられます。この「別」はアイヌ語の「川」だそうです。私はこの話を聞いたとき、石狩川流域の上川町、旭川市、深川市、滝川市、砂川市の配置を思い出した次第です。

そこで、「~別」の自治体MAPをつくってみました。現存するのが20自治体、廃止されたのが9自治体で、北海道27の青森2という分布でした。同様にアイヌ語由来とされる「~内(ない)」もMAPに加えました。

「内」も小さな川や沢を意味するようです。「~内(ない)」は現存11自治体ですが、山形県庄内町と新潟県胎内市は2005年に成立しています。残りの9自治体は北海道8、青森1です。

「~内(ない)」の消滅自治体は少なくとも47あり、北東北についてはアイヌ語由来なのだろうと思われます。西日本の「~内(ない)」は荘園由来のものがほとんどです。

【外部リンク】
まぐまぐニュース>【豆知識】北海道に「別」という字が付く地名が多い納得の理由

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA