蒲生田岬は「がもうだ」でも「かもうだ」でもなく「かもだ」

四国の最東端は徳島県阿南市の蒲生田岬です。原発誘致を白紙撤回した頃は「がもうだ」と報道されていたように私は記憶していますが、徳島県観光協会や阿南市のWebサイトでは「かもだ」岬とされています。

蒲生田岬
紀伊水道(Google Earthプロ)

ただし、MS-IMEでもGoogle日本語入力でも「かもだ」では「蒲生田」に変換できません。「がもうだ」または「かもうだ」なら変換できます。ひょっとすると、行政側が「かもだ」に統一したのはこの20~30年なのかもしれません。

郵便番号検索では、他県の「蒲生田」は次のような読みです。

もだ新潟県上越市浦川原区小蒲生田
-かもだ新潟県上越市頸城区大蒲生田
-かもうだ新潟県上越市名立区西蒲生田・東蒲生田
かもうだ山形県南陽市蒲生田
かもおだ北九州市若松区蒲生田
▲「蒲生田」の読み(郵便番号検索)

なお、北九州については蒲生田小学校のメールアドレスが「kamoda」になっていて「kamooda」ではありません。また「カモ」違いの福岡県直方市の県道21号線・鴨生田交差点は「kamouda」の標識です。スタンダードがないのが「蒲生田」の読みです。

阿南市の蒲生田は大字椿町の小字です。蒲生田岬の沖合約5キロに浮かぶ伊島は、2019年3月末の人口が163人で中学校もありますが、蒲生田はせいぜい30世帯程度と思われます。信号機はありませんし、バスも通っていません。小学校は1990年代から休校になったままです。2012年8月撮影のストビューを埋め込みました

アメダス蒲生田はこの近くです。蒲生田小学校はアカウミガメの観察で有名だったようですが、隣接する賀立神社には撫でウサギの像が2体あります。寄せたわけではないのでしょうが、ウサギとカメが揃い踏みするスポットです。アメダス蒲生田では、停泊中のタンカーを関空連絡橋に激突させた2018年台風21号で丸2日ほど風向風速の観測が途絶えています。

蒲生田岬
蒲生田岬(地理院タイルを加工)

アメダス蒲生田の最大瞬間風速は2018年9月4日7時20分に20m/sを、9時50分に30m/s、10時40分に40m/sを超えます。ピークは11時20分の48.8m/sで、この観測値が蒲生田における最大値です。

蒲生田の最大瞬間風速は12時00分には30m/sに下がり、20m/s台の最後は15時30分です。20時10分以後は10m/s前後で落ち着いていましたが、日付の変わった5日の0時40分を最後に風速・風向の記録が途絶えます。復活するのは9月7日の早朝4時20分です。

この間、気温や降水量の観測は継続していますので、通信や電気の事情ではなく風向風速計そのものの問題だった可能性があります。ただ、高所作業になりそうな風向風速計の修理(あるいは取替)を深夜にするものだろうかという疑問も残ります。

「シロウオ~原発立地を断念させた町」のダイジェスト版です。ナレーションは明らかに「がもうだ」と呼んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました