トカラ列島7島では北からの2番目の中之島

十島村(じっとうそん)10島の中ほど

Wikipedia「中之島 (鹿児島県)」のページには、中之島の由来について次のように記載されています。

島名は七島の中ほどにある島であるということに由来している

Wikipedia「中之島(鹿児島県)」(2020/11/08閲覧)

ここで言う「七島」とはトカラ列島のうち、十島村(としまむら)に属する7つの有人島を指すものと思われます。十島村(としまむら)の有人島は、口之島、中之島、諏訪之瀬島、平島、悪石島、子宝島、宝島の7つです。

トカラ列島周辺
トカラ列島(地理院タイルを加工)

中之島は7島の中では北から2番目です。「中ほどにある島」ではありません。現・十島村と現・三島村(黒島、硫黄島、口永良部島)はもともと十島村(じっとうそん)でした。10島の中では北から5番目ですから「中ほどにある島」となります。

太平洋戦争後、口之島から南の諸島はアメリカの占領下に入ります。十島村(じっとうそん)は、現・三島村の3島とトカラ列島の7島に分断されたわけです。中之島にあった十島村(じっとうそん)の村役場は鹿児島市内に移され、1952年のトカラ列島返還を迎えます。

返還時、3島は十島村(じっとうそん)から三島村になり、返還された7島は十島村(としまむら)となります。字面は同じ「十島村」ですが、昔と今では読みが異なるだけでなく、村域が同一ではありません。奄美群島の復帰は翌1953年です。

十島村(としまむら)のアメダス観測所

現・十島村にはアメダス観測所が5島に設置されています。このうち中之島の観測所は気温、風向風速、日照、降水量の4要素観測所で、ほかの4島は雨量のみの観測施設です。三島村の3島にはアメダス観測所はありません。

アメダス十島村人口面積最高標高下り上り
なし口之島129人13.33平方キロ628.5m5:1011:35
4要素(220)中之島159人34.42平方キロ979.0m6:1010:35
雨量(111)諏訪之瀬島79人27.61平方キロ796.0m7:209:20
雨量(97)平島64人2.08平方キロ245.0m8:208:25
なし悪石島73人7.49平方キロ796.0m9:257:15
雨量(10)小宝島53人0.98平方キロ102.7m10:555:50
雨量(35)宝島131人7.07平方キロ291.9m11:405:10
▲十島村の7つの有人島

面積は国土地理院「令和2年全国都道府県市区町村別面積調(7/1)」の数値です。小宝島は1平方キロに達していませんので「~面積調」に掲載されていません。人口や最高標高とともに十島村のWebサイトの数値を用いました。人口は2018年の数値です。下りと上りは週2便の村営フェリーの発時刻です。

中之島の観測開始は2002年で、ほかの4島は2014年ですが、年間降水量では中之島が毎年1000ミリ程度多くなっています。中之島の観測地点の標高は220メートルです。

トカラ列島の年降水量

2009年7月皆既日食時の観測値

トカラ列島では2009年7月22日10時50分台の皆既日食に伴い、人口より多い1000人規模のツアー客を迎え入れています。あいにくの天候でダイヤモンドリングなどは見られませんでした。21日から23日までの3日間、中之島の日照時間はゼロです。当日10時台の10分ごとの観測値は次のとおりです。

時刻降水量気温風速風向最大瞬間風速風向日照
10:101.025.17.1西15.4西南西0
10:202.024.37.0西13.0西0
10:301.024.75.4西南西10.6西0
10:400.524.74.2西南西10.7西0
10:500.024.46.8西南西11.4西0
11:000.524.25.9西12.7西0
▲皆既日食時の観測値(気象庁

晴天時や薄曇りの日食と異なり太陽が欠けていく姿がまったく見えないまま、日中なのに闇に包まれていくわけですので、それはそれで幻想的な体験ではあったはずです。過程が見えない分だけ神秘的だとも言えるわけです。

空撮動画冒頭のトカラ馬牧場の近くにアメダス観測施設があります(映っていません)。もちろん中之島に信号機はありません。なにしろ、Google Mapには「コカ・コーラ自動販売機」が表示されているほどです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました