54年後の初勝利

1924年第10回大会のウラ優勝校は旧制・対馬中学です。

  • 広島商3-0松本商9-3鳥取一中5-4宇都宮中10-7佐賀中
  • (九州大会)佐賀中10-3長崎商6-2長崎中11-6唐津中(棄権)対馬中

甲子園球場ができたのが1924年です。翌1925年に東京六大学野球が始まり、1926年秋に神宮球場が竣工しています。プロ野球の発足までまだ10年あります。この時点で、離島の対馬に野球が普及していたというのはいささか驚きです。

棄権ということですから、旅費が工面できなかったのか海が荒れたのか、理由としてはそんなところかもしれません。対馬中の実質的初参戦は5年後の1929年第15回大会です。修猷館に1対12で敗れています。

3度目の挑戦が1950年の第32回大会で、このときも棄権しています。初勝利は実質2戦目となる1978年第60回大会です。鹿町工に4対0で完封勝ちしています。最初に手を挙げてから50余年ですから、当時の選手たちは70歳に達してたことになるわけです。

Wikipediaの「長崎県立対馬高等学校」のページは「沿革」がかなり細かく、公式サイトをはるかにしのいでいます。1906年11月7日に「桟原33番地(現・対馬市立厳原中学校校地)に移転」との記述があります(2017/08/31現在)。

対馬高校の分校だった時代もある上対馬高校は1998年のウラ優勝校です。離島ですから行くなら空路か海路になりますが、空路は福岡空港と長崎空港から1日各4往復です。長崎はプロペラ機のようです。

海路は博多港から高速船とフェリーで計1日5往復ということです。高速船で使えそうなのは10:30発(12:45着)の便だけです。暗くなってから離島に着いても動きようがありません。

対馬観光物産協会さんが観光地マップを作成されていますので、埋め込んでおきます。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA