上対馬の鰐浦、下対馬の厳原

台風18号の影響で、10月2日の最大瞬間風速1位は対馬の鰐浦(わにうら)、翌10月3日の最大瞬間風速1位は厳原(いづはら)でした。対馬の北端が鰐浦で、厳原は対馬の南部です。対馬にはアメダスの観測地点が3か所あります。

鰐浦の観測施設はストビューでは確認できませんが、豊砲台跡付近と思われます。厳原は厳原港ターミナルビルと接続する合同庁舎が観測地点です。空港の観測点はその所在地名の美津島(みつしま)で呼ばれています。

対馬付近(Google Earthプロ)

日本気象協会「tenki.jp」など複数のWebサイトではアメダス観測点の地図が掲載されていますが、おそらくは気象庁発表の緯度経度で座標入力しているものと思われます。実際の観測ポイントとは100~200mほどの差異が生じています。

厳原の場合は海上にマーカーが示されてしまいます。もちろん海上観測しているわけではありません。ズバリ示されないということは、探す楽しみが残っているということでもあります。

さて、日本の島の面積ランキングは、本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬の順です。国土地理院は対馬の面積を695.74平米としていますが、対馬は厳密には陸続きではありません。

対馬には東西の海を繋ぐ2つの運河があります。江戸時代に造られた大船越瀬戸(おおふなこしせと)と、1900年に海軍によって開削された万関瀬戸(まんぜきせと)です。ともに国道382号線が通り、大船越橋と万関橋が架けられています。

万関橋と大船越橋(Google Earthプロ)

瀬戸の名が付いた2つの運河は空港の近くです。一般的にはこの運河付近が上対馬と下対馬の境となるようです。2018年5月撮影のストビューを埋め込みました。万関橋から見た万関瀬戸です。

上対馬と下対馬は、もともとは上県郡と下県郡に由来する区分と思われます。地名に「上」なり「下」なりが付されるときは、上目黒と下目黒、上賀茂神社と下鴨神社のように川の上流と下流の関係にあるケースが多いはずです。

対馬の最高峰は南部の矢立山です。そもそも南北に流れる川自体が対馬には存在しません。また、京都に近いのは南の下対馬です。何を基準にして対馬の「上下関係」が成立したのか気になります。

「54年後の初勝利」


【2020/01/23追記】

厳原の観測所は1886年の観測開始です。かつては有人の厳原測候所でした。10年単位の平均気温をグラフ化してみました。ただし、厳原における気温の観測値については、1895年10月と1991年8月末に赤線が入っています。何らかの観測条件がこの前後に変わっているようです。

離島の厳原ですが、1910年代の平均気温は14.6℃、2010年代の平均気温は16.1℃ですから、100年で1.5℃上昇しています。また、最高気温が35℃以上に達した「猛暑日」は、1901年から2000年までの100年間つまり20世紀は11回でしたが、21世紀の19年間ではすでに18回を数えています。


【2020/07/11追記】
2020年7月10日の厳原は日降水量が253.5ミリ最大瞬間風速が27.7m/sで1日2冠でした。日降水量のウォッチは2020年1月からですが、最大瞬間風速との2冠は初めてです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました