酒田商跡地に小学校

2012年に酒田市内の公立高校4校が統合されて、山形県立酒田光陵高校が新設されています。さすがに4校統合は珍しいと思われます。酒田市の人口は10万人強です。同規模他市の10月1日現在の法定人口と市内の高校数は次のとおりです。

  • 107,014人 石川県小松市 7校
  • 105,717人 愛媛県西条市 5校
  • 102,397人 鹿児島県鹿屋市 6校
  • 102,353人 山形県酒田市 4校(ほかに通信制1校)
  • 101,784人 茨城県筑西市 5校(ほかに高等専修学校1校)
  • 101,286人 岡山県津山市 6校
  • 99,157人 長野県飯田市 5校

人口10万人なら高校生相当の人口は1学年900人台です。1学年1000人で考えると40人学級で25クラスになります。統合前の7校は多いでしょうが、統合後の4校は思い切った決断だったのかもしれません。

さて、酒田光陵高は旧・酒田中央高の校地に新設され、校舎は隣接地に増築されました。ご近所だった旧・酒田工高と旧・酒田北高は市街地からやや外れた酒田北港の近くにあります。

酒田商工会議所は両校の跡地利用に関して用途地域を変更してほしい意向を表明しています。跡地をどうするかはまだ決まっていないわけです。一方、市街地にある旧・酒田商の跡地はストリートビューで確認することができました。

埋め込んだのは2012年11月のストリートビューです。表札には「酒田市立亀城小学校」と刻まれています。旧・酒田商高の近くにあった亀城小も統合対象であり、同校敷地内で新校舎を建設する2年間、旧・酒田商を仮校舎としていたようです。

閉校後の高校の校舎に中学校が入ってくるケースは比較的よくありますが、小学校が入居するのはあまり聞きません。2018年7月のストビューでもこの校舎は残っています。

結局、亀城小が亀ケ崎小として元の校地に戻った2014年以降は空家状態が続いているということのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA