日本最長かもしれないベルトコンベア

まだ確定というわけではありませんが、2019年の年間降水量1位は高知県の鳥形山(とりがたやま)ではないかと思われます。尾鷲も屋久島もえびのも箱根も4000mm台ですが、私がチェックした範囲では鳥形山が唯一の5000mm台です。

▲【2020/01/13追記】静岡県・天城山が5552.0mmでした。

鳥形山の観測開始は2010年3月です。2011年以降のデータを同じ高知県の魚梁瀬(やなせ)と比較してみると、9年目の「初勝利」でした。

2011年 6018.5mm 4628.5mm
2012年 5340.0mm 4856.5mm
2013年 3635.0mm 3527.5mm
2014年 5382.0mm 5285.0mm
2015年 4742.0mm 3741.0mm
2016年 4704.5mm 3659.5mm
2017年 3776.0mm 3435.5mm
2018年 7194.5mm 5544.5mm
2019年 4923.0mm 5075.5mm

鳥形山の観測施設は標高835mのヘアピンカーブのところにあります。あいにくストビューはありませんが、衛星写真ではくっきり映っています。ここは雨量のみのアメダス観測地点です。

この無人観測施設の近くにあるのが石灰石を採石している日本鉱業の事務所です。愛媛・高知県境の四国カルストからの延長になっているわけです。アメダス観測所から南東1キロ地点に国道439号線と長者川をまたぐ高架施設があります。

仁淀川町大植
仁淀川町大植(Google Earthプロ)

ここから4.6キロほど南東にも、同じ方向を向いた配管のような施設が見つかります。

津野町白石
津野町白石(Google Earthプロ)

さらに900m南東でも、同じ方向に向かって道路をまたぐ構造物があるのです。

津野町杉ノ川甲
津野町杉ノ川甲(Google Earthプロ)

どこまで続くのか気になります。再び900m南東でも、この配管のようなものが国道197号線と新荘川をまたぎます。

新荘川
新荘川(Google Earthプロ)

そろそろ海が近くなってきました。もう標高50m付近まで下ってきましたが、まだ続いています。

依包川
依包川(Google Earthプロ)

とうとう海に到着しあmした。ゴールはやはり日本鉱業さんです。ここからは船で運ぶということでしょう。

須崎市下分
須崎市下分(Google Earthプロ)

2012年8月撮影のストビューを埋め込んでみました。D地点の国道から見ると、屋根付き歩道橋のような構造です。

地理院地図には「鉱石ベルトコンベヤー」と記載されています。総延長は20キロ以上でその大半はトンネルです。私は2年前に須崎に行きました。この存在を知っていれば、私は鍋焼きラーメンを食べ損ねたとしても見に行っただろうと確信します。

中を見させてはもらえないでしょうが、日本にこれだけの距離の「パイプライン」があるとは知りませんでした。やはりカルスト台地で有名な秋吉台でも美祢市から長門市にかけて住友さんのベルトコンベアが設置されていますが17キロ程度です。

日本鉱業のベルトコンベア
日鉱のベルトコンベア(Google Earthプロ)

日本鉱業による鳥形山鉱業所の開設は1971年ということです。ニホンカワウソが最後に確認されたのは1979年の新荘川です。カワウソの最後の個体はコンベアを拝んだことがあるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました