帯広南商はなぜ「南」なのか

帯広商が白樺学園に

「商業高校MAP」を見ながら、ふと気づいたことがあります。帯広南商が白樺学園の北にあるのです。赤マーカーが帯広南商、青マーカーは白樺学園です。

帯広南商と白樺学園
帯広南商と白樺学園(地理院タイルを加工)

そんなはずはありません。白樺学園は「帯広商」として1958年に開校しています。翌年に開校した帯広南商は、帯広商の南にあるべきです。

調べてみると両校とも移転していました。ただ、両校のWebサイトには移転した年が記載されているだけで、移転前の所在地は記載されていませんでした。まあ、そんなものかもしれません。両者の大雑把な沿革は次のとおりです。

1958★帯広商が帯広市白樺16条西2丁目に開校
1959◆帯広南商が帯広市西17条南5丁目に開校
1965★帯広商が白樺学園に改称
1989◆帯広南商が帯広市西21条南5丁目に移転
1996★白樺学園が芽室町北伏古に移転

創立時の位置関係はたしかに帯広商の南に帯広南商がありました(▲印)。先に移転した帯広南商は南5丁目から南5丁目への移転ですので、緯度はほとんど変わりません。白樺学園が市町境となる帯広の森運動公園の隣接地に移転したとき、旧・帯広商は帯広南商の南に回り込んだことになります。

帯広北より北にある帯広南商

旧・帯広商がなければ、帯広南商は素直に帯広商を名乗ったはずです。先に帯広商ができたために「南」を付して区別を容易にしたかったのでしょうが、1965年に帯広商が白樺学園に改称したことで「南」はその存在意義は喪失しています。

白樺学園の移転によって「南」はいっそう宙に浮いた形になりました。帯広市内の高校は公立6校、私立2校です。私立の帯広北高校より北にある南商です。

帯広市内の高校(地理院タイルを加工)

帯広北は1983年に現在地に移転しており、移転前の所在地は柏陽の少し手前(東3条南6丁目)です。移転によって東西南北が入れ替わってしまう現象は各地で見られますので、最近の新設校は最初から東西南北を名乗らなくなっているのでしょう。

白樺学園の跡地にはショッピングモールが入っていますが、帯広南商の跡地は依然として遊休土地?のままのようです。南商の移転は開校から30年後です。施設の老朽化が理由なら同一敷地での建て替えもできないはずはありません。何のための移転だったのか、工場でも誘致したかったのでしょうか。

南商の移転はもう30年以上前です。2020年10月のストリートビューを埋め込みました。確認できませんでしたが、跡地の記念碑であろうと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました