帯広南?商

「商業高校MAP」を見ながら、ふと気づいたことがあります。帯広南商が白樺学園の北側にあるのです。そんなはずはありません。白樺学園が帯広商として創立された翌年に開校した帯広南商は、帯広商の南にあるべきです。

調べてみると両校とも移転していました。ただ、両校のWebサイトでは移転した年はわかりましたが、移転前の所在地はいずれも記載されていませんでした。まあ、そんなものかもしれません。両者の大雑把な沿革は次のとおりです。

  • 1958★帯広商が帯広市白樺16条西2丁目に開校
  • 1959◆帯広南商が帯広市西17条南5丁目に開校
  • 1965★帯広商が白樺学園に改称
  • 1989◆帯広南商が帯広市西21条南5丁目に移転
  • 1996★白樺学園が芽室町北伏古に移転

創立時の位置関係はたしかに帯広商の南に帯広南商がありました。赤のマーカーが帯広商→白樺学園で、青のマーカーが帯広南商です。

先に移転した帯広南商は南5丁目から南5丁目への移転ですので、緯度はほとんど変わりません。白樺学園が市町境となる帯広の森運動公園の隣接地に移転したとき、旧・帯広商は帯広南商の南に回り込んだことになります。

旧・帯広商がなければ、帯広南商は素直に帯広商を名乗ったはずです。先に帯広商ができたために「南」を付して区別を容易にしたかったのでしょうが、旧・帯広商との位置関係だけで「南」になったわけでもなさそうです。

帯広市の中心部は駅の北側です。帯広市役所も、北海道銀行帯広支店も、NHK帯広放送局も、北海道電力帯広支店も、地元百貨店の藤丸も、国の出先機関の合同庁舎も、すべて帯広駅の北側にあります。

根室本線で南北に分けると南側であることに変わりはありませんが、中心部から見ると移転後の南商は西としか言えません。このような現象は各地で見られますので、最近の新設校の名称では東西南北がむしろ珍しくなっているのでしょう。

さて、白樺学園の跡地にはショッピングモールが入っていますが、帯広南商の跡地は依然として遊休土地?のままのようです。南商の移転はもう30年前です。2012年5月のストリートビューを埋め込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA