ストリートビューが途切れ途切れの国道399号線

2019年台風19号による橋の被害

内閣府の「台風第19号に係る被害状況等について」(10/24)に記載されている橋の被害は次のとおりです。このうち盛土流出の2件と橋脚露出の1件はMAPには反映していません。

国道20号橋脚洗掘山梨県大月市初狩町下初狩
国道399号橋梁流出山形県高畠町
国道144号橋梁流出群馬県吾妻郡嬬恋村大字大笹~田代
▲国道の橋の被害
福島県道橋梁損傷1
栃木県道橋脚沈下2
東京都道橋脚沈下1
長野県道落橋2
京都府道橋梁流出1
▲都府県道の橋の被害
JR東日本 東北線本宮駅~杉田駅間橋りょう盛土流出
JR東日本 磐越東線郡山~舞木間橋りょう盛土流出
JR東日本 水郡線袋田~常陸大子橋りょう流出
JR東日本 水郡線磐城浅川~里白石橋りょう流出
JR東日本 水郡線西金~上小川橋りょう傾斜
JR東日本 八高線群馬藤岡~丹荘間神流川橋りょう変位
箱根登山鉄道 鉄道線宮ノ下~小涌谷蛇骨橋りょう流出
上田電鉄 別所線上田駅~城下駅橋りょう落下
三陸鉄道 リアス線陸中山田~豊間根橋脚露出
▲鉄道の橋の被害

特定できていないのが国道399号線です。山形県のWebサイトで流出した橋の名前が「金原橋」であること、その所在地が高畠町高畠 (たかはた) であることはわかっています。

国道399号線の下有無川

大字高畠で国道399号線は最上川水系の下有無川(しもありなしがわ)と2度クロスします。ピンクの×印です。そのどちらであるかを特定することはできませんでした。

宮城県七ヶ宿町稲子(しちかしゅくまち いなご)から福島市域を通過して鳩峰峠を越え、山形県高畠町金原(かなばら)に至るまで直線距離なら8キロです。この間に集落はありません。冬季は通行止めになる区間です。Wikiには次のような記述があります。

国道399号(こくどう399ごう)は、福島県いわき市から山形県南陽市に至る一般国道である。南東北を代表する酷道の一つ

Wikipedia>国道399号

ストリートビューはところどころ途切れています。次のヘアピンカーブは2008年7月撮影のストビューです。

山形県内の降水量

アメダス観測地点の高畠でも10月12日には観測史上1位の日降水量を記録しています。山形県内の観測点で10/12の日降水量が歴代10位以内だったのは次の10地点です。降水量は10月12日の日降水量です。

降水量観測地点従来の1位統計開始
8位107.0mm飛島159.0mm(2005/8/13)1978~
1位155.5mm肘折142.0mm(2016/8/22)1976~
5位97.0mm尾花沢153.0mm(1997/6/28)1976~
7位134.5mm大井沢212.0mm(2013/7/18)1978~
10位63.0mm東根80.5mm(2016/8/17)2003~
2位111.0mm上山中山169.5mm(2014/7/9)2006~
1位218.0mm高畠157.5mm(2013/7/22)1977~
1位153.5mm中津川124.0mm(2002/7/10)1981~
3位136.0mm高峰168.0mm(1981/6/22)1976~
1位185.0mm米沢119.0mm(1978/6/26)1976~
▲山形県の10/12の降水量

台風19号による山形県内の住戸被害は200棟弱ですが、5000軒以上の停電が生じています。日本海側の酒田港から飛島への定期航路は12日から4日連続で欠航したようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました